ウェルスナビをやめた方がいい人の特徴!自分に当てはめて考えてみよう!

ウェルスナビをやめた方がいい人の特徴!自分に当てはめて考えてみよう!

【2020年4月2日更新】

世界トップクラスの資産運用ができるのがウェルスナビですね!

ノーベル賞の金融アルゴリズムとAIが融合したロボアドバイザーで、誰でも簡単に(特に初心者)投資を始めらるので、人気も急上昇中です!

そんなウェルスナビですが、実は【ウェルスナビをやめている人】も多いんです!

なぜウェルスナビをやめたのか?その理由を深堀りしつつ、

  • ウェルスナビは本当に損しない?
  • 違うロボアドバイザーの方がいい?
  • 自分はウェルスナビで本当に大丈夫なの?
  • コロナの影響もあるし、やめた方がいい?

上記についても解説していきます!

『ウェルスナビって実際どうなの?』って感じてで調べている人にオススメの記事です!

この記事の作者って?
2級ファイナンシャルプランナー!自身も資産運用や不動産投資を行っていて、その経験とFPを組み合わせて、【わかりやすく簡単】をモットーに記事を作成しています!1人1人の家計に近いFPだからこそ、伝えられることもたくさんあると思います!

ウェルスナビはやめた方がいい?その理由とは⁉

2016年の運用開始から、利用者数と預かり資産がどんどん増えていているウェルスナビですが、

【利用者が増える=やめる人も増えている】

これも事実です!

やめる理由は、

  1. ずっとマイナスが続くから
  2. 手数料が高い!
  3. 他に投資した方がいい!

この3つですね。

ウェルスナビはマイナスになることは普通にあります!

AIが自動で計算して運用しているから損することなんてない!と思っている人もいますが、普通にマイナスになります!

ウェルスナビは、【長期・積立・分散】が基本になっているので、短期的な一部分だけを見ると損するなんて当たり前のことなんです。

コチラはウェルスナビのCEOの運用成績ですが、運用開始と現在を見ると資産は順調に増えていることがわかりますね!

でも、全て順調に増えていったかというと、そんなこともありません。

運用成績ががっつり下がっている時期だってあります。

2018年に始めた人はマイナス続き!

さきほどのウェルスナビCEOの運用成績を見てもわかるとおり、2018年は大きく成績を落としている時期もありますし、全体的な成績を見ても成績は『微妙』な感じとなっています。

これには世界経済も影響していて、

ウェルスナビの投資先は世界の経済が対象となっていて、特にアメリカの比率が高くなっています。

アメリカ経済の状況をわかりやすくしたのが『S&P500』という指標ですが、この指標は毎年のようにプラスで成長しているものです。

しかし、2018年はS&P500がマイナスで終わった年でもあります。

1970年~2018年の48年の歴史の中でマイナスで終わったのは、12回で、4年に1度のペースでマイナスになりますが、それが2018年だったわけです。

ウェルスナビは世界経済の成長率に大きく影響を受けるので、マイナス成長の2018年はウェルスナビもマイナスになってしまったんです。

ですので、2018年にウェルスナビを始めた人は、始めたときから『ずっとマイナス』というケースもあります。

ウェルスナビは暴落時でも大丈夫?対策やコツを紹介!コチラもオススメです!

コロナショックなどの暴落時はやめた方がいい?

2020年に起きた『コロナショック』ですが、リーマンショック以来の大暴落となってしまいました。

私もコロナショックの影響をもろに受け、資産がマイナスになってしまいました…。

↑コチラの記事でも解説していますが、コロナショック以前からウェルスナビを運用している人は、大暴落のタイミングでやめるのはオススメできません。

マイナスの状態でやめてしまうと、損失だけが残ってしまう結果になってしまうからですね。

過去の世界経済の動きを見てもわかるように、歴史的な大暴落があったとしても長期的にみれば、回復してさらに成長していることがわかります。

暴落して、自分の資産がどんどん減っていく状況になると、『これ以上損しないようにやめよう』と考えると思いますが、グッとこらえてガマンする法が得策というのが個人的な意見です。

やめるとしたら『追加投資』ですね。

暴落で値段が下がりきった底値で追加投資をすることができれば、利益はその分大きくなります。

しかし、底値がどこかなんて絶対に誰にもわかりません!

チャートをあとから見れば、底値がどこだったのかは一目瞭然ですが、リアルタイムでチャートを見ていても、1秒後にどうなるかすらわかりません!

暴落時は追加投資はやめておくのが無難となります。

ただし、積立投資は継続させましょう!

過去の相場からもわかるように、どんな状況でも【積立・分散・長期】を継続してきた人が結果出来には成功しています。

そして、コロナショックなどの暴落時で1番大切なことは、冷静になって判断することです!

損失が出て、焦ってウェルスナビをやめると確実に損することになります。

手数料が高いからやめた方がいい?

ウェルスナビの手数料は運用している資産の1%です!100万円で運用しているなら1万円が手数料となります。

ウェルスナビの手数料は高い!?発生する【手数料の全て】を解説します!!←ウェルスナビの手数料についてはコチラでも解説しています!

個人的な考えをいうと、ウェルスナビの手数料は安い!と思います。

自分で投資するなら手数料はもっと安くできる!

ウェルスナビが投資しているETFですが、

自分でETFを買った場合の手数料は0.1%前後のものもたくさんあります。

単純にウェルスナビの10分の1程度です!

100万円を運用すると、

  • ウェルスナビは年間1万円
  • 自分で投資したら年間1,000円

かなり大きな差が出てきますね。

この手数料の高さから、ウェルスナビをやめる人も多くいます。

ウェルスナビの手数料は手間賃と考える!

ウェルスナビのメリットは

  • 自動で運用してくれる
  • 売買を自動でして、リバランスを取ってくれる
  • 税金を最適化してくれる
  • 基本的にほったらかしでOK‼

たしかに自分で証券口座を開設して投資先を選んで投資したほうが手数料は低くなりますが、手間がかかってきます。

私はウェルスナビで資産運用をしているのも、『ほったらかしでも大丈夫』という理由からですね。

ということで、ウェルスナビに運用を丸投げするので、手数料の1%は妥当な数値だと思います!

他のロボアドバイザーに乗り換える?

ロボアドバイザーはウェルスナビだけではないですね!

テオも有名ですし、楽ラップもどんどん人気が上がってきてますね!

それぞれにメリットとデメリットがあるので、総合的に判断してロボアドバイザーを選ぶことが大切です!

わざわざ乗り換える必要はない!

個人的には複数のロボアドバイザーを比較してから、『ウェルスナビで資産運用する!』と決めたので、みんなにもウェルスナビをおすすめしたいのですが、

すでにテオや楽ラップで運用を開始している人はわざわざ乗り換える必要はないです!

すでに他のロボアドバイザーを使っている人は、そのロボアドに何かしらのメリットや魅力を感じて運用を開始したはずです。

そのメリットや魅力は2~3年というような短期間で判断できるものではありません!

乗り換えにかかる手数料や手間、労力を考えると、数年での乗り換えは判断が早いと言えます!

そういえば、少し前に『投資信託を買っている人の約半数は損している』というのが話題になりました。

なぜ損しているのかというと、『コロコロと投資対象を乗り換えたため手数料が高くなり損をした』というものです。

投資信託もETFもウェルスナビも、短期間では判断ができないってことですね!

複数のロボアドもやめたほうがいい!

ウェルスナビとテオで運用している!という人もたまに見かけますが、あまりオススメできません!

投資のキホンは分散投資なので、複数のロボアドに投資している=分散投資ができていると思ってしまいますが、

同じロボアドバイザーに投資しても本当に分散投資できているのかは疑問です!

それよりも、ロボアドバイザーではない違うものに投資するほうが分散投資としての効果ははるかに高くなります!

ウェルスナビをやめた方がいい人・やった方がいい人!

ここからは、ウェルスナビに向いている人と、そうでない人の特徴について紹介していきます!

すでに資産運用でいい結果を出している人

投資初心者ではなく、中級者以上の人ならウェルスナビで資産運用をするよりも自分で投資をしたほうがいいですね!

すでに資産運用をしているということは、証券口座を持っていますし、売買方法も身に付いています!

また投資に関する知識もあり、自分で冷静な判断をして売買もできるでしょう。

手数料を考えると圧倒的に、自分で資産運用をしたほうがお得なので、ウェルスナビはあまり必要ないでしょう。

自分で定期的にポートフォリオを見直せる人

ウェルスナビは自動で世界中に分散投資をしてくれますし、ポートフォリオの見直しやDeTaxといって税金を最適化もしてくれます。

ウェルスナビの『DeTAX』とは?税金最適化や確定申告について解説!

このようなことを、自分でしっかりとできる人はウェルスナビを利用する必要はありませんね。

初心者や、忙しくて時間がない人!

ウェルスナビは口座を開設して入金さえすれば、自動で運用が開始されて、あとは完全にほったらかしでも問題ありません!

投資をするなら通常は、毎日のチェックや必要に応じて売買がポートフォリオの変更をしていきますが、そおういった手間を省けるため、時間がなく忙しい人にウェルスナビはかなりオススメなんです!

また、投資をやってみたい!という初心者の人にも向いていますね!

すぐに資産運用を経験することができますし、ウェルスナビの分散投資を肌で感じながら勉強することもできます!

ウェルスナビを始めるタイミング!←【結論】いつ始めても一緒です!←コチラも合わせて読むとより理解が深まるかと思います!

気長に待つことができる?短気は向かない?

ウェルスナビの基本は長期投資です!

  • すぐにお金を増やしたい!
  • 10年、20年なんて待ってられない!
  • アツくなるようなギャンブルがしたい!

こういった人は間違いなくウェルスナビは向いていません!

2~3年でも『短期間』と言われるような世界がウェルスナビです!

  • コツコツと増やしていきたい!
  • 老後の準備のため!
  • 投資の入門として

上記のような人は、かなりオススメなのでウェルスナビを始めてみましょう!

貯金の額は関係ない!

私もファイナンシャルプランナーなので、

『まずは貯金をして、それから投資にお金を回しましょう』

と言うのが正解かもしれません。

でも、

ウェルスナビは投資ですが、資産運用です。

運用しているお金が、0か100になるというものではありません!

資産運用といっても貯蓄に近い性格でもあるので、まとまった貯金がないとウェルスナビはするなとは言いません!

さすがに、貯金0円で宵越しの金は持たねー!という人にはやめた方がいいと言いますが、そうでなければウェルスナビを気軽に始めてみるのは全然アリだと思います!

ウェルスナビはやめた方がいいの?これからどうなる⁉

運用が始まったのが2016年なので、まだまだ短い期間での実績しかありません。

これまでの実績を確認すると、

おそらく世界で1番運用期間が長いのがウェルスナビCEOの柴山さんです。

順調に伸びているのがわかりますね!

また、ウェルスナビのシミュレーションを確認してみると、

とんでもないくらい資産が増えています。

理想論の話なので、すべてを信用するわけにはいきませんが、参考にはなりますね!

世界経済は成長を続けている!

日本経済はいつまでたっても微妙な雰囲がただよいまくりですが、世界を見てみると規模はどんどん大きくなっていて成長し続けています!

特にアメリカ経済は、ここ50年の平均成長率が7%に近い数値です!

*日本の成長率は1%以下で、成長しない年だってあります。

ウェルスナビは、どんどん成長している世界経済に投資しているので、今後も安定した成績を残せるのではないでしょうか?

ウェルスナビが長期で利益を出せる理由とは?実績を踏まえて解説!

未来は完全に予想できない!

過去の実績やデータ、今後の見通しからある程度の予想はできますが、【完全な予想】は誰にもできません!

どんなに頭がいい人でも、どんなに研究を続けている人でも。

完全に未来を予想することができないので、ウェルスナビも今後どうなるかはわかりません!

しかし、これまでの運用成績から考えると、これからも安定して利益を出してくれるのではないかと思います!

まとめ

ネット上で調べてみると、

  • ウェルスナビで損したから辞めた
  • 手数料が高いからやめた

という情報が多いですが、

ウェルスナビで損した人は短期的な結果で判断していることを忘れてはいけません。

また、手数料は高いですが、『自動でほったらかしにできる』点を考えると決して高いとは言い切れません。

人によって感じ方や捉え方は違ってくるので、

『自分はどう思い、どう考えるのか』が重要になってきますね!

自分に当てはめて、『やめた方がいいのか』の判断をしていきましょう!

ウェルスナビカテゴリの最新記事