ウェルスナビで失敗して借金をする可能性はある?FPが解説します!

ウェルスナビで失敗して借金をする可能性はある?FPが解説します!

投資と聞くと、

  • ギャンブルのようなもの
  • 失敗すると借金をしてしまう
  • ハイリスク・ハイリターン

といったイメージを持っている人もいるでしょうが、

しっかりと勉強をして、正しいやり方で投資をすればリスクはそこまで高くありません。

もちろん、絶対に儲かるというのはなく大小はありますがリスクがあるのも事実です。

ということで、【ウェルスナビ×借金】について深堀りしていきます!

この記事の作者って?
2級ファイナンシャルプランナー!自身も資産運用や不動産投資を行っていて、その経験とFPを組み合わせて、【わかりやすく簡単】をモットーに記事を作成しています!1人1人の家計に近いFPだからこそ、伝えられることもたくさんあると思います!

ウェルスナビは失敗しても借金をすることはない!

  • 低額で始められる
  • ノーベル賞の金融アルゴリズムを使用
  • 自動で運用してくれる

など。ウェルスナビの評判は良いモノが多いですよね!

実際に私もウェルスナビで資産運用をしていて、運用状況にも満足している状態です!

とは言っても、投資ってやっぱり『リスクが高い』ってイメージがありますよね。

ウェルスナビの仕組み

まずはウェルスナビの仕組みをおさらいしておきましょう!

仕組みがわかれば、借金する可能性があるかどうかもわかってきます。

ウェルスナビで運用を始めるためには、最低でも10万円の初期投資が必要で、10万円を入金すると資産運用が始まります。

資産運用の方法は、10万円を使い海外のETFをいくつか購入し、世界経済の動きに合わせた運用を行っていきます。

ETFとは、上場している投資信託のことですね!

ETFについては上記の記事で解説しているので、いまいちピンとこない人は参考にしてみてください。

ETFも『金融商品』の一部で、株式と同じように取引され、値動きもします。

株式の場合、もしも会社が倒産したり、業績が極端に落ち込むと、株が『紙切れ』同然になる可能性もありますが、

ETFの場合は、1つのETFに複数の株式が組み込まれているので、『紙切れ』状態になる可能性はめちゃくちゃ低いと言えます。

ウェルスナビで最大の損失を出すときは世界が終わるとき?

ちょっと大袈裟ですが、ウェルスナビに預けているお金が全てなくなり0円になるときは、世界が終わるときではないでしょうか?

例えば、ウェルスナビが投資している米国株(VTI)というETFですが、このETFに組み込まれている株式は、

  1. マイクロソフト
  2. アップル
  3. アマゾン
  4. フェイスブック
  5. バークシャー・ハサウェイ
  6. JPモルガン

といった世界的な大企業です!

ブルームバーグというサイトで確認できます。

これらの大企業の資産価値が0円になれば、それに投資しているウェルスナビも0円になりますが、そんなことって考えられないですよね。

限りなく0%に近いリスクです。

ウェルスナビがどれだけ運用に失敗したとしても、預けている資産が0円になることは考えにくいですし、ましてや借金するなんて絶対にあり得ません!

元本割れはします!

預けているお金が完全に0円になることはあり得ませんが、目減りすることはあります!

ウェルスナビの成績は、基本的に世界経済の成長に連動しています。

つまり、世界的な不況やリーマンショックなどが起きれば世界経済は大きく暴落しますし、ウェルスナビもつられて暴落(元本割れ)することになります。

↑画像を見るとわかりますが、リーマンショックのときに暴落していることがわかります。

元本がなくなることはありませんが、目減りすることにはなります。

ただし、その後の状況を確認すると、リーマンショック前の水準まで戻ってきていますし、さらにそこから成長していることがわかりますね!

結果:ウェルスナビが原因で借金することはない!

ウェルスナビが『今にも倒産しそうな会社にだけ投資』していたら大損は間違いありませんが、

ウェルスナビが投資しているのは世界です!

元本割れすることはあっても借金することはあり得ません!

投資=借金のイメージがある理由

特に私たちの親世代(60代以降)に強い傾向がありますが、

投資=借金の可能性

というイメージを強くもっている人がいます。

その理由は『信用取引』にあります。

信用取引とは、実際に10万円しか持っていなくても、レバレッジをかけることにより、20万、30万という金額で取引ができる仕組みのことをいいます。

例えばFXの場合、レバレッジは25倍までかけられるので、10万円で250万円分のトレードができることになります。

レバレッジをかけると、自分の資金力以上の取引ができるため短期間で資産を増やすことができますが、同時に短期間で大きな損失を出す可能性もあります。

ワンポイントアドバイス
ウェルスナビではレバレッジがありません。自分の持っているお金の範囲でしか運用をしないので、借金することがないんです!

ウェルスナビで借金を返済することはできるの?

借金を返済するためにウェルスナビで稼ぎたい!という人もいるかもしれませんが、

『ウェルスナビで借金を返済するのは難しい』です!

ウェルスナビは短期間で稼ぐものではない!

投資で稼いで借金を一気に返済!って考える気持ちもわかりますが、

ウェルスナビは短期的に利益を出すのではなく、長期的に利益を出すことが目的の資産運用です。

短期的に借金を返済するのは難しいでしょう。

ウェルスナビの利回りでは借金を返済できない

ウェルスナビの平均利回りは5%前後です。

例えば、100万円をウェルスナビで運用した場合、平均で5万円の利益となります。

このように考えると、ウェルスナビで借金を返済するのは非効率です。

まずは借金の返済が先です!

利回りからわかるように、ウェルスナビで得た利益で借金を返済するよりも、先に借金を返済をした方がはるかに効率的と言えます。

自分の借金の金利が5%未満であれば、ウェルスナビでもワンチャンあるかもしれませんが、借金の金利が5%未満というのは考えにくですよね。

大抵は14.0%とかです。

ということで、金利の高い借金がある人は資産運用よりも借金を返済したほうが早く完済できることになります。

*住宅ローンなどは別です!

借金があってもウェルスナビってできるの?

ウェルスナビの審査基準はわかりませんが、よっぽどの理由がない限り、借金があってもウェルスナビを始めることができます。

というのも、私がウェルスナビで口座を開設したときの状況は、

  1. 住宅ローン2800万円
  2. 不動産投資4,500万円
  3. 車のローン300万円

という状況でした。

約7,600万円の借金ですね。

それでも問題なく口座を開設できたので、

借金があってもウェルスナビはできる!と言えます!

借金してウェルスナビを始めるのは問題外!

前述したように、ウェルスナビで借金を返済するのは非効率的ですし、現実的ではありません。

ということは、

借金をしてウェルスナビを始めても損するだけってことになります!

安定して利益を得ることができると言われているウェルスナビですが、借金を返済するだけの能力はありません!

ウェルスナビで借金をしないための注意点

基本的にウェルスナビが原因で借金をすることはありませんが、間接的な要因になる可能性はあります。

運用はムリのない範囲で!

投資は余裕資金でやるものです。

生活が苦しい状況で投資を始めるのはオススメできません。

まずは生活の基盤を整え、余裕ができたら資産運用を始めるようにしましょう!

貯金は絶対に必要です!

『貯金は金利が少ないから、資産運用をした方がいい!』

と言われたりしますが、

貯金と投資は全くの別物です!

貯金を全てウェルスナビで運用してしまったら、『もしもの時』や『急にお金が必要になった時』に対処することができなくなってしまいます。

場合によっては、貯金をしていなかったせいで、カード会社から借り入れをすることになるかもしれません。

ある程度の貯金をしたうえで、余裕資金で資産運用をするようにしましょう!

長期投資を成功させる秘訣は?

ウェルスナビは長期的に投資を続けることで成功する可能性が格段にあがります!

つまり、長く続けることが成功させる秘訣になるんです。

そのためには、

生活を安定させ、貯金を貯めて、余裕資金でウェルスナビを始めることが大切です!

生活がギリギリの状態で、資産運用をすると長く続けることが難しくなってしまうからですね。

当たり前にように聞こえますが、

長期投資を成功させる方法は、長期投資をするだけなんです!

まとめ

ウェルスナビは世界経済に投資をしているので、世界規模で終わりがこない限り借金をすることはありません!

【投資=こわい、リスキー、ギャンブル】

というイメージは間違った認識ですし、きちんと勉強すればそれほど怖いものでもないんです!

これからウェルスナビを始めようと思っている人は、

  • 自分の今の状況(借金や貯金の状況)
  • 余裕資金(最悪なくなっても許せる範囲のお金)
  • 今後のライフイベント(結婚、マイホーム、育児)

もう一度、しっかりと考えておきましょう!

ウェルスナビカテゴリの最新記事