1本2役のALOBABY「アロベビー」で日焼け止めと虫よけをささっとやろう!

1本2役のALOBABY「アロベビー」で日焼け止めと虫よけをささっとやろう!

夏が近づくにつれて気になるのが、

日焼けと虫よけです!

特に赤ちゃんがいる家庭は特に気を使いますよね。

私が子どものころは、

日焼け=外で遊ぶ元気な子

というイメージが強く、特に気にする親も少なかったのですが、今はもうそういう時代ではありません。

日焼けは、やけどと同じです。

子どもの肌に悪影響を与えてしまいますし、将来になってもその影響が出てきます。

また、虫さされによる感染症や皮膚への影響も大きいものです。

夏は外で思いっきり遊んで汗をかくのが子どもらしいとう考えは、もはや「古い考え」になってきています。

日焼けが子どもに与える4つの影響って?

将来、皮膚がんになる可能性も

赤ちゃんには日光浴をさせる方が健康にいい!

とされていましたが、実は100%そうとは言い切れません。

たしかに適度な日光浴は健康に良い影響を与えます。

紫外線を浴びることで骨や歯を形成するためのビタミンDが生成されるので、どんどん成長していく赤ちゃんや子どもには日光は必要なものです。

ただし、適度な日光です。

紫外線を浴びると皮膚が破壊されてしまいますが、適度な日光量だときちんと回復することができます。

しかし、一定量を超える紫外線を浴びると、皮膚の細胞が回復することなく壊れたままになってしまい、その壊れた細胞が分裂していくことで皮膚がんが発生するとされています。

また、日光浴でビタミンDを生成することができますが、食べ物からも十分にビタミンDを摂取することができます。

コチラの記事にあるように、ヨーグルトや牛乳、サーモンなど小さな子でも口にすることができるものもありますね。

*母子手帳では日光浴という言葉から「外気浴」という言葉に変えられています。このことからも過度の日光浴は健康によくないことがわかりますね。

白内障のリスクも

白内障とは、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。

白内障により、

  • 視力の低下
  • 視界がかすむ
  • 光がまぶしく感じる
  • 昼と夜で見え方が変わる

などの症状が出ます。

最悪の場合は失明することもあるんです。

日焼け=やけど

日焼けと聞くと、夏の定番で自然現象のようなものと考えがちですが、

日焼けはやけどです。

日焼けした子どもの腕や首などを触ってみるとわかりますが、めちゃくちゃ熱を持ってますよね。

ひどくなると病院に連れて行くケースもあります。

また、うちの次男は肌が弱いので日焼けをすると乾燥してガサガサになってしまいます。

日焼けしたときの処置

まずは綺麗に洗うことが1番です。

外で遊んだ子どもは砂ぼこりなどが付着していますし、日焼け止めクリームと一緒にホコリが付着しています。

転んでケガをしたときも、最初に水で綺麗にするように、日焼けしたときも綺麗に洗い流してあげましょう。

洗うときに注意しなければならないのが肌への影響です。

敏感肌の子や、皮膚が弱い子はゴシゴシ洗うとそれが原因で皮膚が傷ついてしまいます。ですので、日焼け止めクリームを使うときは洗い流しやすいものを選ぶようにしましょう。

肌をきれいにしたあとは、しっかりと冷やしてあげましょう。

濡れたタオルを当てたりするといいですね。

ただし、ビニール袋に氷を入れて冷やしたりすると、冷やしすぎ凍傷になる可能性もあります。

できるだけタオル等を使い直接冷やさないように心がけましょう。

しみやしわの原因になる

子どもは成長が早いので、日焼けした肌も数日すれば小麦色でいい感じの色になりますよね。

でも、表面的にはよくなっているようでダメージは蓄積されています。

子どものころに浴びた紫外線が将来、大人になったときに大きな影響は出ると言われているんです。

子どもは成長が早い=細胞分裂が盛んに行われているということになります。

前述したように、紫外線により細胞が破壊されたまま細胞分裂を繰り返していくので、どんどん悪い細胞が増えていくことになります。

また、一生に受ける紫外線の半分は18歳までに受けるとされています。(大人になると屋内にいることが多くなりますからね。)

いかに子どもの頃に紫外線対策をしているかが将来の子どもの健康のカギになります。

蚊だけじゃない!虫刺され対策も!

虫刺されと聞くと、蚊に刺されてかゆくなる程度と考えがちですが、実はそんな甘いものではありません。

子どもはかゆくなると強く掻きすぎて化膿したり傷になったりもします。

また、ムカデや毛虫、ハチ、ブヨなども要注意です!

特にムカデに噛まれたら高熱がでますし、ハチの場合は蜂毒によりアナフィラキシーショックを起こす可能性もあります。

日焼け止めだけでなく虫よけ対策も夏のお出かけには必須なんです。

アロベビーなら日焼けと虫よけを1本で!

外出するたびに日焼け止めをしたり、虫よけ対策をしたりすると、それだけで準備も大変になりますよね。

それに、それぞれの成分を確認しないと一緒に使って大丈夫なものかもわかりません。

専門的な知識がないと、

混ぜるなキケン!

的な可能性もあるかもしれません。

アロベビー UV&アウトドアミストで簡単に対策を



小さな子どもがいると外出の準備をするだけで一苦労ですよね。

特に夏のお出かけとなると着替えや水筒など、大変です!

それに加えて日焼け止めと虫よけ対策です。

でも、アロベビーは1本2役なので手間を半分にすることができますし、ミストタイプなので付けるのも簡単ですね。

外出先で汗で流れてしまっても、ささっと付けることができるのもポイントです。

新生児から使えるオーガニック成分

赤ちゃんの肌ってモチモチで気持ちいいですが、逆に言えばそれだけデリケートとも言えます。

特に日焼け止めは直接肌に付けるものなので気を使いますよね。

アロベビーは、

  • 無添加
  • 無香料
  • 無着色

100%植物由来でできています。

虫よけ成分もディート不使用になっているので、赤ちゃんや小さな子どもにも安心して使うことがでいます。

また、オーガニック認定団体の世界基準である「エコサート認証」を取得しています。

とことんオーガニックにこだわり、肌のことを考えているんです。

使い方もカンタン!

ミストタイプなので、15cmほど離れたところからシュっとして、全体に伸ばすだけです。

顔などに使うときは、一度手に吹きかけて塗ればOKです。

お出かけ前のバタバタしてるときや、外出先でもささっと使える簡単さがうれしいですね!

また、お湯で簡単に洗い流すことができるので、ゴシゴシこすって落として肌に刺激を与えなくても済みます。

Loftやベビーザらスでも売られています

ネット販売されている商品って、やっぱり買うときには不安がありますよね。

特に、アロベビーは子どもの肌に直接使うものなので安全性が最重要ではないでしょうか?

東急ハンズやLoft、べビーザらスなどの誰でも知っているようなお店でも売られているので安心感もあります。

芸能人も愛用している!

公式サイトを見てみると、

市川海老蔵さんや、元モー娘。の石黒彩さん。蛯原英里さんなどの芸能人の方も使っているのがわかりますし、いろいろな雑誌でも掲載されているのがわかります。

シリーズ累計50万本も売れていて多くの人が使っているんですね。

みんなの評判(レビュー)は?

子供はなめたりしてしまうため、比較的安心できる天然素材由来のUVカットや虫よけはありがたいです。

小さい子どもがアロベビーを付けた手や腕も舐めてしまっても、植物由来でオーガニック素材を使っているので安心感もありますよね。

水で簡単に洗い流せるのがメリットであるが、
逆に汗などですぐに効果が弱くなるのがデメリットである。

簡単に洗い流せるのがメリットですが、それが逆にデメリットにもなるということですね。

子どもは汗っかきなので、朝お出かけ前の1回だけではなく、途中で塗る必要があります。

2回目の購入です。
子供は敏感肌なのですが、これは問題なく使用できています。

2回目の購入ということは、それだけ満足感があるということですね。

肌にどれだけ影響が出るのかが、やっぱり気になるポイントですよね。

敏感肌ではない1歳の子どもに使いました。先日ディズニーに行った時に使いましたが、朝一塗っただけだったので焼けてしまいましたが、、、荒れたりはせず、塗りやすかったです。レビュー見てすごく白くなるのかと思ってましたが、そうでもなかったです。すーっと伸びました。今は保育園で使ってもらってますが、今のところトラブルなしなので、夏の虫が出てくる頃にも活躍してくれると期待してます。匂いも許容範囲内でした。

レビューを読んで感じたのが、

塗ったときの感想はそれぞれだなぁ。ってことです。

ベタベタして全然伸びないという感想の人もいれば、使いやすく感じた人もいます。

これは、子どもの肌の状態によるところが大きいと思います。

乾燥しやすい肌の子は、伸びにくく感じると思います。

普段、子どもに保湿クリームを塗っていても思いますが、

長男はまぁまぁ伸びる

次男は伸びにくい

三男は伸びる

というように、子どもの肌によって塗った感じは違ってきて当たり前だと思います。

まとめ

子どもは外で遊ぶのが大好きですよね。

それに我が子が外で元気いっぱいに遊んでいる姿を見ると親としても微笑ましくなります。

でも、夏の日差しは私たちが思っている以上に強力なもので、しっかりと対策をしていないと将来に大きな影響が出てしまいます。

子どもの日焼けは健康的!

というイメージは捨てて、この機会に子どもの健康をもう一度考えてみてはどうでしょうか?

【アロベビー UV&アウトドアミスト】
 

子育てカテゴリの最新記事