株式分割の目的とメリットは?株価に与える影響を知っておこう!

株式分割の目的とメリットは?株価に与える影響を知っておこう!

企業は『株式分割』を行うことがありますね。

株式分割とは、発行済みの株式を分割して株数を増やすことです。

では、株式分割の目的はなんでしょうか?また、株価に与える影響はなんでしょうか?

今回は『株式分割』について理解を深め、わたしたち投資家にとってのメリット、デメリットを知っておきましょう!

なぜ株式分割をする?目的やメリットを解説!

株式分割の仕組み

まずは、株式分割の仕組みをおさらいしておきましょう。

記事の冒頭でも記述したように、発行している株式を分割して株数を増やすことですが、具体的にはどのようなことをいうのでしょうか?

1株1000円の株式が100株あったとします。

これを1株→2株に分割すると、発行済の株式は200株になります。

しかし純資産に変動はありません。

つまり、

1000円×100株=10万円

500円×100株=10万円

このように1株の価値が半分になっているんです。

1株あたりの価値が下がるので、あまり良くない印象を受けますね。

1株あたりの価値がほぼ必ず下がる株式分割ですが、企業はどのような目的があって株式分割をするのでしょうか?

後述する、『株式分割をする目的』を知れば、株式分割の本質が分かってきます。

株式分割はどのように決める?

株式分割は、

  • 取締役会
  • 株主総会

で決められます。

勝手に決められるわけではないんですね。

株式分割をする目的

株式分割をする目的は、企業が成長するためです。

通常の株式は、100株が最低購入単位となっています。

1株2000円の株式を買うためには、最低でも20万円の資金が必要になります(手数料等は考慮せず)

しかし、株式分割で1株→2株にすると、株価は理論的には1000円になり、最低購入金額は10万円にまで下がります。

高額で手が出せずにいた個人投資家からの資金流入が期待できることになりますね。

資金が流入しやすくなるため、企業の純資産も増え、成長につながるわけです。

これが企業が、株式分割をする大きな目的になります。

株価を吊り上げるだけの株式分割は要注意!

株式分割をすると1株あたりの値段が下がり、株を購入する人が増えてきます。すると、

需要が増える=株価上昇

となりますが、

企業が、株価を吊り上げるために株式分割を行っていないか確認することが大切です!

本来、株価は会社が成長することで評価されて上がっていくものです。

目立った成長もしていないのに、株価が上昇しているのは、株式分割による一時的な上昇とも考えられるので注意しましょう!

株式分割のメリットは?

では、私たち個人投資家にはどのような影響が出てくるのかを考えていきましょう。

すでに1株1000円の株を100株保有していたとして、その銘柄が株式分割で1株→2株にしたとします。

持ち株は100株→200株になりますね。

前述したように、株式分割は企業が成長するために行うものなので、多くの投資家は将来に向けた企業の成長性に期待して投資をしていきます。

すると、株価は上昇していきますね。

1株500円が、1株600円に上昇すると、保有している株価の合計金額は12万円になります。

もし、株式分割をしないでいたら、1株1000円が1100円になっても合計金額は11万円です。

このように、株式分割によって1株価値が下がったとしても、将来的に受ける恩恵は大きくなるのがメリットといえます。

NISA利用者にもメリットがある

NISAは少額投資非課税制度のことで、年間120万円まで非課税で投資ができるという初心者にはうれしい制度のことです。

NISAを利用している人の多くは非課税の限度額まで枠を使いたいと考えていますし、できるだけ分散投資をしてリスクを小さくしたいと思っています。

例えば1株1万円の銘柄を購入した場合、それだけで100万円になり、NISA枠の大半を使うことになってしまいます。

分散投資が難しくなってしまいますね。

しかし、株式分割されていれば1株5000円で購入できるためNISA枠で使う金額も50万円となり、残り70万円分の非課税枠を使い分散投資ができるようになります。

このように、株式分割をすることで、個人投資家からの資金流入を促すことができます。

さらに小口売買が増えることで、株の流動性も高くなるんです!

株式の売買は、買い方と売り方が一致して始めて売買が成り立ちますよね。

流動性が高い=売買が成立しやすくなるということです。

多くの投資家も流動性が高い銘柄を高く評価するので、その点も株価に良い影響を与える要因になります。

全ての株式分割が評価されるわけではない

ここまで読むと『株式分割はメリットばかりだ』と感じるかもしれませんが、すべての株式分割がいいとは限りません。

株式分割による1株価値の低下を懸念する投資家もいますし、株式分割をする企業の『目的』によっても評価が分かれます。

株式分割の目的は前述したように、企業の成長のためです。

主に、設備投資や買収(M&A)などによる成長です。

  • どのような設備投資をするのか?
  • どのような企業を買収するのか?

これらを評価するのは市場を動かしている私たち投資家です。

買収先の企業に批判的な投資家が多かったり、設備投資が投資家にとって評価されなかった場合は、株式分割をしたあとも株価は回復しなくなります。

このように、

株式分割=いいこと

というように単純に考えずに、『なぜ、株式分割をするのか?』をしっかりと確認することが重要になってきます。

株式分割と増資の違いって?

企業が設備投資をしたりM&Aをするには、資金が必要になり、集める必要があります。

株式分割によって、結果的に資金を集める方法と、増資といって新たに株を発行して資金を集める方法があります。

増資の場合は、新たに株を発行することになるので1株あたりの価値が下がります。

株式分割の場合も1株価値は下がりますが、増資の場合は少し意味合いが違います。

1株1000円で100株がすでに発行済だとします。

ここから増資して新たに100株を発行します。

すると、1株あたりの株価は理論的には500円に下がりますね。

すでに株式を保有している人にとっては1000円の株が500円になるので価値が実質的に下がってしまいます。これを希薄化といいます。

このように、株式分割と増資は、資金調達のためにおこなうものですが、その行為がもつ意味は明確に違います。

株式分割すると株価はどうなる?

株式分割をすると株価は『上がる』というのは投資家の間では常識といってもいいですが、逆に株価が下がることもあります。

株式分割をした直後は、その後の期待感から株価が一気に上昇することが多いのですが、その後はゆるやかに株価を下げていき、なかなか上昇しないことがあります。

大口の投資家

株式分割で1株→5株になったとします。

すでに何万株も保有していた投資家にしてみれば、保有している株式数が大幅に増えることになるので、保有している株式のうちの何割かを売却してしまおうと考えますよね。

これが株価下落の2つの要因です。

成長を感じられない

株式分割の目的は、企業の成長です。

株式分割→成長→株価上昇→株式分割→成長→株価上昇→株式分割…。

このような循環が理想的な株式分割ですね。

しかし、株式分割による成長が見込めない場合は株価の上昇にはつながっていきません。

まとめ

株式分割をすると株価が下がるため、株式を購入しやすくなります。

それにより多くの投資家が、株を購入し、企業に資金が集まり成長につながっていきます。

企業にもメリットがありますし、私たち個人投資家にもメリットがありますね。

『株式分割=株価上昇』というのは常識として考えられていますが、全ての場合でそうなるとは限りません。

基本的には買いのスタンスですが、株式分割の目的と市場の評価を確認してから投資するようにしていきましょう。

資産運用カテゴリの最新記事