配当金とは?株式投資で稼ぐ方法をわかりやすく解説!

配当金とは?株式投資で稼ぐ方法をわかりやすく解説!

株式投資で利益を狙う方法は、

  • 値上がり益
  • 配当金
  • 株主優待

この3つの方法があり、投資初心者に絶対にオススメしたいのが、

『配当金』を狙った株式投資です。

配当金とは?株式投資で稼ぐ方法をわかりやすく解説!

株はリスクが高そうで怖い、堅実に貯金したほうが賢い!

このように考えている人も多いですが、今の時代は貯金のほうがリスクが高いと言えます。

配当金を狙った株式投資は、実は堅実で賢い資産運用と言えるんです!

株式投資で利益を得る方法

記事の冒頭でも話しましたが、株式投資で利益を得る方法は、

  • 値上がり益
  • 配当金
  • 株主優待

この3つです。

値上がり益とは?

キャピタル・ゲインと言われる、株式を売買して利益を得る方法です。

株式投資はこわい!リスクが高いと思われているのは、キャピタル・ゲインによる高利益、高損失のイメージが強いためです。

簡単に言うと、安いときに買って、高くなったら売るという方法ですね。

ある銘柄の株価がこれから上昇すると考え、株を購入したとします。

株価が狙い通りに上昇していけば、利益を得ることができますが、思惑とは逆方向、すなわち株価が下落していけば、下がった分だけ損失になってしまいます。

ここ数年は、アベノミクスの影響もあり、株価も順調に上昇していたため『億り人』と呼ばれるような株の売買で多額の利益を得た人がたくさん出てきましたね。

しかし、安定した株価の上昇にも陰りが出てきたため、これまでのように値上がり益を狙った投資では、通用しなくなってきました。

配当金とは?

そもそも株は企業の資金集めのために行われます。

企業が、1株1000円で1万株を発行すれば、

1000円×1万株=1000万円の資金を企業は集めることができます。

このようにして会社は資金を集めて営利活動を行うわけですから、その活動によって得られた利益は株を買ってくれた株主に還元するのが筋だろう。

というのが株式の目的です。

この、『還元』が配当金ということになります。

配当金が5%の銘柄であれば、株価の5%が配当金として受け取れることになります。

株主優待

『マツコの月曜から夜更かし』で有名になった桐谷さんが有名ですね。

株主優待を使うために全力で自転車をこぐ姿が人気になりました。

株主優待も配当金と同じ考え方で、企業が得た利益を株主に還元するのが目的となっているものです。

商品券やカタログギフトなど様々なものが用意されていて、配当金による還元率よりも優遇されている場合がほとんどです。

しかし、海外の投資家からはあまり良く思われていない日本独自の制度でもあります。

株主優待でもらえる商品券などは、ほとんどが日本国内で使えるものになっています。そのため海外の投資家はその恩恵を受けることができず、株式投資の原則から逸脱していると考えられています。

配当金に利回りは貯金の500倍!?

『貯蓄から投資へ』

このような文言をよく耳にしますが、厳密に言うと、預金も投資です。

お金を預けることにより、『利子』というリターンを得られるからですね。

ただし、今の利子は金融機関のほとんどで、0.01%となっています。

イオン銀行は破格の0.12%となっていますが、それでも1%以下です。

しかし、株式投資による配当金は5%を超えるものはザラです。

銀行などの金融機関の約500倍も効率がいいんです。

100万円を運用したときの差

仮に100万円を10年間、預金と株式投資で運用した場合、どれくらいの差がつくのかを確認してみましょう。

預金の場合、年利0.01%、得られた利子所得は全て預金に回して運用した場合、

今の100万円は100万1000円になります。

10年間も預けて1000円しか増えないんです。

一方の配当金5%の場合は、

10年後には、162万8895円になります。

この差は歴然ですね。

預金した場合、1年に1回、コンビニのATMなどを利用しただけでマイナスになってしまいます。

配当金の場合、5%と聞くと、

『たったそれだけ?』

と感じてしまう人もいますが、このように預金と比べてみると、投資をしないリスクが高いことがわかると思います。

配当金をもらうためには?

配当金は全ての企業が行っているわけではない

株式投資をすると配当金が必ずもらえると思っている人がいますが、企業によっては配当金を設定していない場合があります。

配当金は、企業の利益から支払われるものであり、その利益の使い道は基本的には企業が決めます。

配当金を支払わずに事業を拡大させるために使うこともあり、投資家にとっては配当金が支払われるよりも、そっちのほうが都合がいいこともあります。

そのため、購入しようとしている銘柄に配当金が設定されているかどうかを必ずチェックするようにしましょう。

また、当初は配当金が設定されていたが、業績により利率を下げたり、配当金を廃止する場合もあるのでその点にも注意が必要です。

配当金をもらえるのはいつ?

配当金がもらえるのは、年に1回もしくは2回です。

これは企業によって異なるため、銘柄ごとに確認する必要があります。

また支払われる時期も企業によって違うためチェックが必要ですが、基本的には決算後の2~3か月後になることが多いようです。

日本の企業の多くは3月決算となっているため、6月~7月に支払われることになります。

年に2回の配当金がある場合は、中間の11月~12月に支払われることになります。

権利確定日を知っておこう

株を購入して株主になったら配当金や株主優待がすぐにもらえるわけではありません。

もし、そのような制度だったら、6月に株を買って、配当金をもらってすぐに売るというような事になり株価が安定しなくなってしまいます。

そのため、配当金や株主優待を受け取る権利が設定されていて、その権利を獲得できる日を『権利確定日』と言います。

ただし、権利確定日に株を保有していればいいわけではありません。

権利確定日の3営業日前に株を保有しておかなければなりません。

例えば、3月28日が権利確定日だったら、その3営業日前の3月25日に株を保有しておかなければなりません。

また、間に土日や祝日をはさむ場合はそれらを考慮しなければならないので注意しましょう。

配当金は、税金が引かれる

なにかしらの収入があれば税金を支払うのが日本の税金制度です。

一番身近なのが所得税ですね。給料をもらったら所得税を納めていますね。

同じように、配当金で得た利益についても税金が発生し、20.315%を納めなければなりません。

例えば、配当金で10万円を得たら、約2万円が税金で引かれ8万円が利益となります。

なかなかの金額ですよね。

そこで、NISAが登場します。

NISAは、年間120万円まで非課税で投資することができる制度で、10万円の利益をまるまる得ることができる節税効果があるお得な制度です。

初心者であれば、年間120万円の枠があれば十分と言えます。

これから投資を始める人は是非、NISA口座の開設をするようにしましょう。

株式投資は配当金で稼ぐのが正解!

前述したように、株式投資と言われると、値上がり益を狙った短期売買というイメージがありますが、株式投資の本質は配当金によるものです。

株式投資を始める多くの人が、本業の稼ぎのプラスαの部分になると思います。

値上がり益を狙う投資スタイルでは、日々変動する株価の動きに気を取られ、本業がおろそかになる場合もあります。

実際にキャピタル・ゲインを狙った投資をしてみるとわかりますが、思っている以上にストレスを感じるものです。

それに比べ、配当金を狙った投資スタイルでは、日々の株価に踊らされることは少なくなりますし、基本的には株を買ってしまえばほったらかしでも大丈夫になります。

投資の確実性が段違い!

値上がり益を狙う投資スタイルは非常に難しいものと言えます。

そもそも株価の今後の動きを予想するのは不可能だからです。

よくテレビや雑誌で、『〇〇大学教授』、『経済アナリスト』というような肩書を持った人が今後の見通しを予想していますが、それらの人の意見が全て同じになることはありません。

みんながみんな、違う意見や考え方を持っています。

このように、専門的に勉強、研究している人でも意見は違ってきますし、予想が絶対にあたるという確証もありません。

このことからも、個人の投資家が予想して値上がり益を得るのは難しいことがわかると思います。

一時的には上手くいくことはありますが、リスクが高く、資産形成に不確実性が出てしまいます。

それに比べ、配当金を狙った投資スタイルではリスクが段違いに小さくなります。

その大きな理由に、

『配当金が良い銘柄は株価が下がりにくい』

という理由があります。

多くの投資家が配当金を目当てに株を保有しているため、株の売却による値下がりが一定値以上になることはないためです。

株価の値動きについては、

こちらの記事を合わせて読むと理解が深まりますが、株は買われると値上がりし、売られると値下がりします。

そのため、配当金が良い銘柄は、極端に値下がりすることがないとされています。

株はいつ買うのが良いのか?

株価は常に変動していて、買うタイミングが難しく感じてしまいます。

チャートを見て、分析して1番良い値段のときに買うことができればいいのですが、それは現実的ではありません。

投資の格言にも、

『魚の頭と尾はくれてやれ』

というものがあります。

つまり、値幅いっぱいの利益を狙うのではく、その間の1番美味しい部分(身)を狙えというものです。チャートの動きに惑わされてタイミングを逃さないようにしましょう。

基本的な考え方は、

株価が安く、高利回りの銘柄を選ぶことです。

まとめ

配当金を狙った株式投資は、リスクが小さく資金を増やす確実性が高いものになっています。

貯金をする人は真面目で賢いとされていますが、それは昔の話です。

バブル期は利息が8%の時代もあったため、銀行にお金を預けておくだけで資産を増やすことができました。

しかし、今は銀行利息が0.01%の時代です。

預けておくだけでは、お金は増えません!

すぐにお金を増やしたいと考えると、値上がり益を狙った投資スタイルになってしまいますが、確実にお金を増やしたなら、配当金を狙った投資スタイルがオススメです!

株式投資カテゴリの最新記事