信用取引で利益を得る方法!信用残と倍率がポイントです!

信用取引で利益を得る方法!信用残と倍率がポイントです!

『株式投資を手軽に始める!』

このような言葉につられ、投資を始めようと考えた人は多いと思います。

しかし、株式の購入単位は100株となっていて、仮に1株3000円の銘柄を購入しようとすると最低でも30万円の資金が必要になります。

手持ち資金10万円で投資できる銘柄は限られてきますし、『お宝株』を発見したとしても資金不足で投資できなかった。なんてことも。

しかし信用取引なら、手持ち資金が10万円でも3倍の30万円分の株を購入できる資金力を手に入れることができます。

3倍の効率で投資ができるとはこのことです。

でも、信用取引にはリスクがありますし、『手持ち資金の3倍まで投資できる!』というような知識だけではいけません。

もっともっと詳しく信用取引の知識をつけておきましょう。

そして、詳しく知れば、信用取引を逆手に利益を狙うこともできるようになります。

信用取引で利益を得る方法!信用残と倍率がポイントです!

信用取引の仕組みを知り、投資を知る!

  • なぜ手持ち資金の3倍の資金で投資ができるのか?
  • 空売り?
  • 信用残って?現物取引には関係ないでしょ?
  • 信用取引の仕組みって?

株式投資を始めるとたくさんの疑問が出てきますよね。

知らない言葉のオンパレードです。

実際に証券口座を開設しても、株式を購入するまでには様々な疑問を解決しながら知識をつけていかないと、株を購入することすらできません。

なかでも、『信用取引』は必ず出てくるワードですし、各証券会社のホームページや取引ツールでも頻繁に目にします。

後述しますが、信用取引をしない投資家でも、信用取引の仕組みは絶対に理解しておかなければなりません。株価の変動に大きな影響を及ぼしているのも信用取引だからです。

信用取引の仕組み

まずは仕組みについて理解しておきましょう。

信用取引は、簡単にいうと、

証券会社からお金や株を借りて行う取り引きです。

信用取引で行う、買い注文を『信用買』といい、反対に売る注文を『信用売』といいます。

信用買と信用売では、考え方が違います。

信用買とは?

信用買いは、証券会社から『お金』を借りて、株式を購入することをいいます。

手持ち資金が10万だとすると、その10万円を担保として差し出し、30万円分の株を購入できるようになります。

信用売とは?

通常の株取引では、株を安いときに購入して、高くなったら保有していた株式を売却して、その差益を狙います。

つまり、株式投資は『買い』から始めて、『売り』を行い取引を終了させます。

信用売はその逆で、

『売り』で始めて、『買い』で取引を終了させます。

株式を持っていないのに『売り』で始めるってそういうこと?

という疑問が出てきますよね。

信用売りは正確には、証券会社から株を借りてから売ります。そして、株価が下がったところで、株を購入して証券会社に返却します。

そして、売り値と買い値の差額が利益になります。

このことを『空売り』といい多くの投資家が利用している売買方法です。

上げ相場でも下げ相場でも利益を狙える

空売りを利用すれば、たとえ上げ相場だろうが下げ相場だろうが利益を出すことができます。

現物買いでしか株式取引をしない場合、安いときに買って高いときに売るという方法でしか利益を狙うことはできませんよね。下げ相場で買っても損失を出す可能性が高いからです。

しかし、空売りを行えば株価が下がれば下がるほど利益を得ることができるようになります。

3倍の効率と同時に3倍のリスクでもある

100万円分の株が120万円に値上がりした場合、20万円の利益を得ることになります。これが信用取引の場合はどうなるでしょうか?

単純に3倍の300万円分の株式が360万円になるので、60万円の利益ということになります。

このように効率的に利益を得ることが可能なので、レバレッジ(てこの原理)を効かせると呼ばれています。

しかし、株価が予想とは逆の動きをした場合は、損失も3倍になります。

これが信用取引のリスクです。

*正確には、レバレッジは3.3倍が最大となっています。

では、10万円の資金で最大レバレッジの3.3倍の33万円で株を購入したとします。

この場合、株価が購入したときよりも3割下落したら、

33万×0.3=9.9万円

株価が3割下がると約10万円の損失になることがわかります。

つまり、担保として差し出していた手持ち資金の10万円が全てなくなるということになります。

信用売りのリスクは無限大

株価の最安値は0円です。

しかし、最高値は無限と言えます。現実的には考えにくいですが、株価が100万円になることもあります。

現物買いや信用買いをしている場合は、株価が無限に上がれば利益も無限になりますが、信用売りをしていた場合は、損失が無限になる可能性があります。

損切のタイミングを見誤れば多大な損失となるので、リスク管理、資金管理は徹底しておくことが重要になってきます。

信用取引で利益を得るには信用残と倍率に注目!

信用取引にはメリットもデメリットもあります。

デメリットの大きさから、信用取引をしない投資家もいます。

読者にも信用取引をしないと考えている人もいるかと思います。

しかし、だからといって信用取引の知識をつけずに株式投資をすることは絶対にしてはいけません。

多くの投資家は、信用取引を利用していますし、単純に考えても、現物資金の3倍の資金量で投資されているので、株価の値動きも激しくなります。

信用取引の仕組みや、信用取引をしている投資家の心理や行動を知ることで、株価予想に必ず役にたってきます。

信用取引の手数料

信用取引では、証券会社からお金を借りたり、株を借りているので、通常の取引に比べると大きな手数料が発生します。

そのため多くの投資家は、手数料以上に稼いでやるという気持ちが強くなっています。

信用取引をしない投資家よりも売買が活発的といえます。

信用取引は期限付き

信用取引は6か月で反対売買をしないといけないルールがあります。

反対売買とは、

信用買いをした場合は、売り

信用売りとした場合は、買い

というように注文とは逆の注文をして建玉を解消しなければいけません。

信用残は最重要!

信用取引は6か月ルールがあり反対注文をしなければなりませんが、当然6か月を迎えるまでは反対注文されていないものがあります。

これを信用残といいます。

証券会社が用意しているツールでは、信用残を確認することができるので、どれくらいの未決済残高があるのかを必ずチェックするようにしましょう。

買いの信用残が多い場合は、近い将来に反対注文の『売り』注文が発生するため上値の抵抗として働きます。しかし、全体としては買い方優勢なので株価は上昇していきます。

反対に売りの信用残が多い場合は、下値の抵抗として働きますが、売り方優勢なので株価は一定値まで下がっていきますが、近い将来に反発して株価があがることが予想できます。

信用倍率

買い信用残÷売り信用残で求めることができ、

1を超えると信用買いが優勢で、一定値までは株価が上昇していくと考えられます。

反対に1を下回ると信用売りが優勢で一定値までは株価が下降していくことが考えられます。

単純に、

  • 買い信用残が多ければ株価は一定値まで上がる。
  • 売り信用残が多ければ株価は一定値まで下がる。

というように覚えておきましょう。

信用取引は信用取引をよぶ

『類は友を呼ぶ』という言葉があるように、株にも『信用取引は信用取引を呼ぶ』と呼ばれることがあります。

信用取引は、レバレッジ効果で3.3の資金量が流れてくるので、株価の動きも荒くなります。

値動きが荒いと、投資家は稼いでやろうと息巻いて信用取引を行うようになります。

このように信用取引が活発に行われると更に信用取引が入り値動きが活発になっていきます。

通常は、当初、信用買いが優勢で株価が上昇していき、一定値までいくと株価に割高感が出てきて売られるようになります。信用売りが入ってくるんですね。

まとめ

信用取引の仕組みを知ることで、相場の流れが分かったり、投資している見えない人の考え方や心理、行動を予想することが可能になってきます。

信用取引をしている人は、リスクも3倍です。これがどういう心理状況を作り出すかは予想できますよね。

『人の行く裏に道あり、花の山』

という投資格言があります。

多くの信用取引をしている人は同じような行動をすることが多く、その基本的な行動や仕組みが分かっていれば、自分が投資するときの絶好の投資判断材料になります。

信用取引をしない投資家でも、信用取引の仕組みを深く理解していれば、投資で成功する可能性は高くなります。

信用取引を逆手に取り、利益を狙っていきましょう!

資産運用カテゴリの最新記事