FP2級合格後はどうする?その次にオススメな資格を紹介!

FP2級合格後はどうする?その次にオススメな資格を紹介!

【2020年4月17日更新】

FP2級を取得して、そこで終わり!

なんてのは勿体ないですね!

せっかくFP2級という難しい資格を取得したんですからキャリアアップや自分の価値を高めるためにもステップアップを目指しましょう!

とくにFP2級は『ダブル資格』でメリットを最大限に活かすことができます!

ということで、

FP2級と相性のいい資格や取得後にどうすればいいかを紹介していきます!

この記事の筆者について
2級をいきなり受験できることを知らずに、3級を独学で取得!その後、2級取得を目指すも、独学の限界を感じ通信講座を利用して2級FPを取得!その時に調べた【通信講座の選び方】や【勉強方法】を、経験談をもとに紹介していきます!

FP2級に合格して、次に目指すものを考えてみよう!

FP2級を取得後にどうするかを考えるときに1番大切なのが、

自分がなにをしたいのか?

ということです!

例えば、

  • ファイナンシャルプランナーを専門として幅広い分野で提案業務をしていきたいのか?
  • 不動産分野に特化させていきたいのか?
  • 金融商品などの分野を専門にしていきたいのか?
  • 保険や年金に関する業務をしていくのか?
  • 将来は起業・開業を考えているのか?

というように考えていくと、FP2級の次にどうするかが見えてきますね!

それでは、FP2級を取得後にどうするのかを個別に紹介していきます。

合格後はさらにFPの知識と経験を伸ばしていく!

FPの資格を取得して、さらに伸ばしていきたい!と感じたら

  • FP1級
  • AFP
  • CFP

を目指してファイナンシャルプランナーを極めていくのも道の1つですね!

3つの資格の中で1番簡単なのが『AFP』です。

通信講座を利用して2級を取得した人なら、手続きだけで取得できます。

独学でFP2級を取得した人は、通信講座を利用して『認定研修』を修了させてからでないとAFPを取得することができません。

ということは、AFPを目指すのであればFP2級も通信講座を利用して取得したほうが効率的となります。

FP1級・CFPは高難易度だが取得する価値はある!

FP2級に比べてはるかに難しいのがFP1級とCFPです。

まず、受験資格に『実務経験』が必要になります。

  • FP2級取得後に実務経験が1年以上
  • FP業務の経験が5年以上

就職や転職のためにFP2級を取得した人も多いでしょうが、1級ともなるとしっかりと実務を経験しておかなければならないんです。

受験資格があるうえに、試験もかなり難しいので、かなり気合いを入れて勉強する必要があります。

その分、『資格の希少性』が高いため、転職はもちろん、将来は開業をしたりセミナー講師や出版など、FPとして幅広く活躍できる可能性があります。

FP2級合格後は、不動産関係の資格を目指す!

不動産関係の資格には、

  • 宅建
  • マンション管理士
  • 不動産鑑定士

などがあり、FP資格と相性がかなり良くなっています。

不動産関係の仕事に就職や転職をするときに、ダブルライセンスがあるだけでかなり有利になりますね!

FPの試験内容にも『不動産』の分野があり多少は勉強もしやすいですが、暗記がメインのFPとは違った勉強になるので1から勉強するつもりでいきましょう!

仕事の安定性を考えると、FP+不動産関係の資格(特に宅建)は個人的にかなりオススメです!

FP2級の次は『証券関係の資格』←オススメできない!

証券外務員や証券アナリストなど、FPと相性のいいと言われている資格ですが、個人的にはあまりオススメできません。

というのも、金融機関や証券会社は基本的に中途採用をしていません。

すでに金融機関等で働いている人ならスキルアップのために資格を取得するのはいいですが、これから転職や就職を考えて証券アナリストなどの資格を取るのはナンセンスです。

ファイナンシャルプランナーとして、起業や開業を考えているなら取る価値は十分にありますが、それ以外の人は、別の道を選択することをおすすめします。

難易度は高いがオススメな社労士と中小企業診断士

社会保険労務士(社労士)は社会保険や年金に関する分野のスペシャリストです。

FPにも年金分野はありますが、さらに深く詳しくしたのが社労士です!

ファイナンシャルプランナーとして、提案業務をするうえでも非常に役に立ちますし、企業からも需要が高い資格です。

難易度が高く、簡単には取得できない資格ですがその分メリットも多く選択肢が広がる資格です!

中小企業診断士は、その名の通り『中小企業のコンサル』をする資格です。

日本の企業のほとんどは中小企業です。

仕事がなくなる可能性は非常に低いですし、スキルアップとしてもメリットがたくさんです!

将来は起業も考えている人はオススメの資格です。

簿記2級はFPと相性がいいのか?

一緒に取得したほうが言われているのが簿記2級ですね。

たしかに求人サイトで検索してみると簿記2級の需要は高くなっていますが、相性が良いとはあまり言えません。

どちらかというと、就職や転職の幅が広がりはするけど、奥深さやキャリアアップは見込みにくいものになっています。

一般事務などの仕事につくなら簿記2級があるだけで就職しやすくなりますが、ステップアップには直結しにくくなっています。

キャリアアップではなく、パートで働きやすくしたいって人にはオススメですね!

FP2級合格後にオススメの資格!

FP2級取得後はいろいろな道が広がっていて、どうすればいいか悩んでいる人も多いですよね。

ここまでいくつか資格を紹介してきましたが、やはりオススメは宅建です!

不動産業者は従業員数に応じて宅建取得者を絶対に雇わなければなりません。

自分が住んでいる町を考えてみると、不動産屋が絶対にあるはずです。

正社員としても、パートとしても宅建があるだけでかなり優遇されます!

宅建取得後もまだまだ道が広がっている

宅建を取得後は、マンション管理士や不動産鑑定士などさらにスキルアップをすることができます。

宅建で勉強した知識もあり、次の資格も取りやすくなっているはずです。

また、これだけ不動産関係の資格があると会社からも重宝されますし転職してステップアップも可能になります。

さらに、経験を積んでいけば開業や起業もできますね!

資格だけに頼っていてはダメ!

FP2級と宅建と不動産鑑定士もってるぜ~!

と言って資格に頼ってばかりでは活躍はできません。

資格も大事ですが、大切なのは実務能力です。

極端にいえば、資格を持っている仕事ができない人よりも、

資格はないけどバツグンに仕事ができる人の方が会社からは重宝されるはずです!

資格の勉強だけでなく、仕事の勉強もしていくことが重要ですね!

働くことが1番のスキルアップにつながる!

資格を一通りそろえてから就職活動や転職をするという人もいますが、

実務経験こそが1番スキルアップにつながります!

要は頭でっかちにはなるな!ってことですね!

FPとして、1級を目指す場合も実務経験は必要ですし、転職や就職をするときにも実務経験の有無はかなりのアドバンテージになります。

勉強する時間を確保するのが難しくなるデメリットもありますが、時間がない中で効率的に勉強したり時間の使い方を考えたりと、学ぶことも多くなりますね。

なによりも、仕事ができるようになるには仕事をするのが1番の近道です!

多くの企業から欲しがられるような人材になりましょう!

まとめ

FP2級はオススメの資格ですし、私自身も取得して本当に良かったと感じています。

私生活でも、FPの知識を使うことが多く、自分のライフプランも具体的に考えることもできるようになりました!

でも、

FP2級だけで食っていけるか?と聞かれると、『難しい』と答えざるをえません。

『FP2級取得後の次』を考えておく必要があるんです!

宅建がオススメの資格ですが、

  • 自分自身はどうなりたいのか?
  • どの分野が得意(好き)か?

この2つを考えていくと、次にどうするかが見えてくるはずです!

2級FP取得カテゴリの最新記事