パッシブ運用とは?アクティブ運用との違いと優れた点は?

パッシブ運用とは?アクティブ運用との違いと優れた点は?

パッシブ運用って?

アクティブ運用との違いや、どちらが優れているの?

自分の年齢によってスタイルは変わる?

このような疑問は必ずでてきますよね。

投資信託を選ぶとき絶対に確認する『ファンドの運用方針』について、この記事でしっかりと学習しておきましょう。

パッシブ運用とアクティブ運用

投資信託の運用方針

パッシブ運用とアクティブ運用は投資信託で使われる運用方針です。

投資信託とは、投資のプロに資産を預け代わりに運用してもらう仕組みのことで、

個別の銘柄や、特定の金融商品に投資するのではなく、株式、債券、REITなど様々な種類の金融商品を組み合わせて、1つの金融商品(投資信託)としてパッケージ化したものになっています。

1つの投資信託で、色々な金融商品が組み込まれているため分散投資の効果が高く、少額で購入できることがメリットとなっています。

一般社団法人投資信託協会によると、投資信託の数は約12000本もあり『運用方針』に基づいて、それぞれの投資信託は運用されています。

運用方針は『目論見書』と呼ばれる資料で確認することができ、投資先やリスク管理などの情報が記載されていて、パッシブ運用かアクティブ運用かも記載されています。

多くの投資信託の中から、自分に合った商品を選ぶためにも『運用方針』を理解することは必須で、その運用方法も重要なポイントとなります。

では、それぞれの運用方法について紹介していきます。

パッシブ運用とは?

パッシブとは、

自分からは積極的に働きかけないさま。受動的。消極的。

言葉の意味を調べると上記のような意味になっています。

パッシブ運用は、『指数』と同じような動きになるように運用する方法で、指数とは『東証株価指数』、『日経平均株価』などです。

上記は日経平均株価を表したチャートとなっています。

このチャートの動きと『投資信託』の動きが同じようにいなるように目指していきます。

同じ動きにするために、投資信託に組み入れる銘柄は、日経平均採用銘柄にあるように、水産、工業、食品、繊維、建設など日本を代表する銘柄で構成されます。

投資信託が採用する指数のことを『ベンチマーク』と呼び、アメリカの『ナスダック総合指数』、『S&P500』など海外の指数をベンチマークとする投資信託もあります。

アクティブ運用とは?

投資信託は『ファンド』とも呼ばれ、その運用をしている人を『ファンドマネジャー』と呼びます。

ファンドマネジャーは投資家から集めたお金を運用して利益を出すために経済、政治はもちろん個別の銘柄まで細かく調査や分析をして、投資先を決めています。

パッシブ運用では、『指数』を目標にしているため、どのファンドの成績もそこまで変わりませんが、アクティブ運用ではファンドマネジャーによって成績が大きく変わってきます。

アクティブ運用は一般的に『ベンチマーク以上の成果を目指す』と説明されていますね。

ファンドマネジャーが独自に調べ上げて、より良い成績になるように運用するのが『アクティブ運用』となります。

それぞれのメリットとデメリット

信託報酬の違い

信託報酬とは、投資信託を運用しているファンドマネジャーに支払う報酬のことです。

自分の代わりに資産を運用してもらっているので、支払うのは当然と考えられますね。

アクティブ運用の場合、ベンチマーク以上の成果を出すためにファンドマネジャーが調査や分析を行っているので、その分コストが高くなってしまいます。

一方のパッシブ運は、ベンチマークを目標としているため、ファンドマネジャーの調査や分析の手間が少なくてすむため信託報酬も安くなります。

アクティブ運用で1番人気の『レオスひふみプラス』の信託報酬は、1.0584%となっています。

例えば100万円分を運用していたら、1万584円が信託報酬として、毎年資産から差し引かれていきます。

ここで注意するのが、利益が出ていても、出ていなくでも毎年差し引かれるという点です。

一方の、パッシブ運用で1番人気の『ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド』の信託報酬は、0,27%となっています。

100万円を運用していた場合、年間で2700円が差し引かれていくことになります。

このように、信託報酬はコンマ数%の差でも大きな差になってくることがわかります。

大きな利益を出すには

パッシブ運用は、ベンチマークと同じ動きのため、大きな利益を短期間で目指すことは難しくなります。

日本の経済成長率は、2017年度で約1.7%となっています。

単純ではありますが、ベンチマークと同じ動きであるパッシブ運用では年間で1.7%ほどの運用益しか出せないと考えることができます。

フランスやイギリスも同じくらいの成長率で、アメリカが2.2%ほどです。先進国は経済が成熟しているため、高い成長率は望めないためですね。

一方のアクティブ運用は、ファンドマネジャーの成績次第で利益率はまったく変わってきます。

20%、30%の利益を出すファンドがある一方で、マイナスの損失を出してしまうファンドもあります。

安定した利益を求めるなら、パッシブ運用

リスクを取って大きな利益を求めるならアクティブ運用となりますね。

どちらが優れている?

では、パッシブ運用とアクティブ運用はどちらが優れた運用方法なのか?

こちらの記事で、アクティブファンドの7割~8割はパッシブ運用のファンドに勝てていないという事実が掲載されていました。

インデックス以上の成果を目指すアクティブ運用が、実際にはインデックス以上の成果を出すことができていないということになります。

これは日本のファンドに限ったことではなく、米国ではさらにアクティブファンドの勝率は下がってしまいます。

大きな要因としてあげられるのが、『信託報酬』です。

1%の信託報酬を設定している場合、それ以上の成果を出さないと資産は実質的に減っていくことになります。

ただし、アクティブ運用でも大きな成果をあげているファンドはもちろんありますし、先ほど紹介した『レオスひふみプラス』は

このように順調に資産を増やしています。

7割~8割はパッシブ運用に負けていますが、残りの3割はベンチマークを上回る好成績なので一概にパッシブ運用の方がいいとは言えません。

前述したように、アクティブ運用は『リスクを取って』運用するものなので、勝率が3割というのは妥当とも考えることができます。

純資産の推移には注意が必要

『レオスひふみプラス』は順調に資産を増やしていますが、

純資産が増える=成績はが良い

とは簡単には言えません。

投資信託の純資産は、

投資家から集めたお金+運用によって得た利益

となるからです。

運用成績が良い→投資家から人気を集める→資産が増え投資を大きくする→純資産が増える→投資家から人気を集めるというサイクルで純資産が増えていきます。

単純に成績だけで純資産が増えているわけではないことを頭に入れておきましょう。

自分に合った運用方法は?

ここまでの話をまとめると、

パッシブ運用は、安定して資産をコツコツ増やすことができる。

アクティブ運用は、リスクを取り大きな利益を狙うことができる。

でしたね。

ギャンブラーの人はアクティブ運用一択でしょうが、投資はギャンブルじゃないですね。

その人の取ることのできる『リスク』によって、合う運用方法があります。

コチラの記事にあるように、年齢によって投資スタイルは大きく違ってきます。

20代~30代の若い世代であれば資産を増やすことが重要なポイントになるため、アクティブ運用の方が良いと言えます。

40代~50代は安全性を重視して資産を増やすことが大事になってくるため、アクティブ運用から徐々にパッシブ運用に切り替えていく世代になります。

60代以降は、資産を減らさないことが1番のポイントになるので、パッシブ運用がオススメです。

このように、年齢によって資産の運用方法は違ってくるため、『絶対にパッシブ運用』とは言い切れません。

自分の取れるリスクによって運用方法を決めるのが重要となります。

パッシブ運用でも高リスクなファンドもある

パッシブ運用は、指数に連動するように運用する方法で通常リスクは低いとされていますが、最近では『ブル・ベア』というスタイルのファンドが目立つようになりました。

投資信託にレバレッジを効かせることができるのが『ブル・ベア』です。

レバレッジとは『てこの原理』のことで、レバレッジ3倍だと、自分の持っている資産の3倍で投資信託を運用することができる方法です。

例えば、日経平均が100円上がると、それに連動するパッシブ運用のファンドも同じように100円動きますが、レバレッジを効かせていれば300円の動きと同じ効果になります。

反対に100円下がれば、300円の下げ幅となり、リスクが高くなるのが特徴です。

『SBI日本株4.3ブル』という投資信託は、日本の株式市場の動きの4.3倍の成果を出す運用方針です。

パッシブ運用でも大きな利益を目指すファンドもありますが、その分リスクが高くなることを理解しておかなければなりません。

優れたファンドとは?

良いファンドというと、『利益をあげていて、マイナスにならない』と考えられてしまいますが実はマイナスになるファンドでも優秀と言えるファンドもあります。

例えば、日経平均が5000円下がったときでも、ファンドの下げ幅が3000円だった場合、そのファンドは優秀と言えます。

経済全体が下がっているのに、そのファンドは下げ幅を限定できているからですね。

このように、マイナスになっているからダメなファンドと決めつけるのではく、その時の市場全体に比べてどれくらいの成績をあげているかを見極めることが、優れたファンドを見つけるポイントとなります。

反対に、日経平均が5000円も上がったのに、ファンドは1000円しか上がっていなかったら、たとえプラスの成績でもダメなファンドと言えますね。

まとめ

アクティブ運用とパッシブ運用は、投資家の間でたびたび議論されますが、どちらが優れた運用方法というのはありません。

全体的には、パッシブ運用が優れた運用方法と認知されていますが、すべての人、すべてのファンドに当てはまるものでもありません。

資産をどんどん増やしていきたい人にとってはアクティブ運用のほうが向いていると考えられますし、とにかく安全性重視で運用したい人にとってはパッシブ運用のほうが向いていると言えます。

また、アクティブ運用のファンドでも好成績をあげているファンドはいくつもあります。

重要なのは、自分にあった運用方法と、良いファンドを見極める力です。

 

資産運用カテゴリの最新記事