NISAは『めちゃくちゃ損する』制度だった!初心者が見落とすデメリットとは?

NISAは『めちゃくちゃ損する』制度だった!初心者が見落とすデメリットとは?

投資に興味を持つ人が増えてきて、株式投資や投資信託はもちろんiDeCoも注目を集めていますね。

もちろんNISAも注目と人気を集めています。その理由は『非課税』という大きなメリットです。

ただし、NISAの制度をきちんと理解していないとメリットどころか、大きなデメリットが私たちにのしかかってきます。

ほとんどの人が、

非課税=節税で有利

というように考えていますが、実は大きな勘違いなんです。

NISAは『めちゃくちゃ損する』制度だった!初心者が見落とすデメリットとは?

NISAの非課税とは?

NISAの非課税という制度を理解するためには、単純に税制で有利というわけではなく、『課税対象外』ということを理解しなければなりません。

NISAで非課税になるのは、投資で得た利益についてです。

例えば100万円で購入した株が、120万円になったとしたら利益は20万円になります。

通常だと、この20万円に対して約20%の4万円ほどが課税されます。税務署に4万円を納入しなければいけないんですね。

しかし、NISA口座で20万円の利益が出た場合は、非課税になるので、4万円の税金を支払わなくてもいいことになります。

これがNISAの『非課税』のメリットです。

利益が出なかったら?

先ほどは20万円の利益が出た場合を紹介しましたが、投資で100%利益を出すことは不可能だということは周知のとおりです。

儲ける人もいれば損を出してしまう人も必ずいます。

NISA口座も、そうでない通常の証券口座でも利益が出ていない場合は課税されることはありません。

しかし、『損益通算』という制度を考えると、NISA口座には大きなデメリットがあることがわかります。

損益通算とは?

一定の期間で出た、利益と損失を通算できる制度です。

例えば、A銘柄の株式投資で30万円の利益が出たけど、B銘柄とC銘柄では合わせて20万円の損失が出たとします。

トータルで見ると、10万円の利益になりますよね。

このように、損失と利益をトータルして課税するのが損益通算です。

A銘柄の30万円に対して課税されると約6万円の税金が発生しますが10万円に対して課税されると2万円の課税で済みますね。

投資をする私たちにとっては非常にありがたい制度で必ず覚えておきたい制度ですがNISA口座では、この損益通算をすることができません。

利益が出なかったらNISA口座が足かせになり、損することになるんです。これは大きなデメリットなのでしっかりと理解しておきましょう。

NISAは5年間の期限付き

NISA口座は最長でも5年間しか利用することができません。

5年後にはNISA口座で保有している金融商品を次のどれかの方法で処理しなければなりません。また、NISAは2023年までの制度となっていることにも注意しながら読み進めて下さい。

  1. 保有している株等を売却する
  2. ロールオーバーする
  3. 通常の口座に移管する

この3つの方法のどれかで処理する必要があります。

保有している株等を売却する

NISAで保有している株式等は、いつでも自由に売買することができます。

5年の満期を迎えたときに保有している株を全て売却するのも1つの方法ですね。

その時に注意しなければならないのが、120万円の上限です。

NISA口座は『非課税』となっていますが、年間で120万円が上限となっています。

そのため120万円を超えた部分については課税の対象になることを頭に入れておきましょう。

ロールオーバーする

ロールオーバーとは、5年の満期後に新たにNISA口座を開設して、その口座に古いNISA口座で保有していた株式等を持ち越すことです。

この記事は2018年7月に執筆したものです。つまり、この記事を読んでからNISA口座を開設した人は5年後が2023年なので、NISA制度が終わっています。

ロールオーバーはできないということになります。

現在すでにNISA口座で取引をしている人は、時期によってはロールオーバーを利用できますね。

ロールオーバーをするときに気をつけなければならにのが、

ロールオーバーした金額も、その年の120万円にカウントされます。

100万円の株式をロールオーバーしたら、新しいNISA口座では『新たに100万円分の株式を取得した』とみなされます。つまり、その年に利用できるNISA枠は20万円になります。

また、NISA口座は1人1口座になっていて、ロールオーバーも同一の金融機関でしか行うことができません。

通常の口座に移管する

通常の口座とは、証券口座のことですね。

NISAは2023年まで続く制度なので、2018年の時点で通常の口座に移すメリットはあまりありません。

通常の口座に移した場合は当然『非課税』のメリットを受けることができません。

また、最大のデメリットとなるのが、利益が出ていないのに課税される可能性があるということです。

NISA口座で100万円で購入した株式がありましたが、株価がさがり60万円に落ちてしまったとします。

この60万円に下がった株を通常の口座に移すと、60万円で新規に株を取得したとみなされます。

これが最大のデメリットなんです。

どういうことかというと、

60万円の株がその後に、購入時の90万円にまで株価が回復して売却した場合です。

60万円で新規に株を取得しているとみなされているので、利益が30万円となり課税されてしまいます。

株価回復後の90万円で売却したとしても、実際は100万円で購入している株なので10万円の損失が出ているはずです。

しかし、30万円の利益がでたとみなされてしまうんです。

これがNISA口座で考えられる最大のデメリットだと思います。

投資は預金のように安全性が高いわけではありません。リスクがあります。

株に興味を持ってNISAで取引を始める初心者は、『利益が出る』と思い込んでしまいます。

証券会社や、ブログでメリットが大きく取り上げられているから、初心者も『稼げる』と思い込んでしまうんでしょう。

でも、確実に利益が出る投資なんてありません。

損失が発生した場合のNISA口座のデメリットを理解しておきましょう。

まとめ

NISAは少額投資非課税制度のことで、文字通り『非課税』がウリの制度です。

株取引などの投資で得た利益は約20%の税金がかかってしまいますが、NISAでは得た利益は全て非課税で受け取ることができます。

そのため初心者に人気で、投資を始めるならNISA口座で始めようと言われています。

しかし、NISA口座の恩恵を受けることができるのは、『利益』が出たときだけです。

デメリットについてはあまり取り上げられないですが、NISAを理解するためには頭に入れておかなければならいですね。

資産運用カテゴリの最新記事