【FP執筆】30代から始める老後資金の貯め方とは⁉

【FP執筆】30代から始める老後資金の貯め方とは⁉

老後に必要なお金は2,000万円というニュースが大きな話題になりましたね。

老後まで約30年ありますが、これから30年間でどれくらいの老後資金を準備することができるのか?

2,000万円も準備するのはムリそう…。と感じている人も多いと思います。

実際に30代の4人に1人が貯金が0円という統計*もあるくらいです。

しかし、私たちの寿命はどんどん伸びていますし、老後は誰にでも訪れるものです。

しっかりと考え、準備しておくことが重要なんです!

この記事の作者って?
2級ファイナンシャルプランナー!自身も資産運用や不動産投資を行っていて、その経験とFPを組み合わせて、【わかりやすく簡単】をモットーに記事を作成しています!1人1人の家計に近いFPだからこそ、伝えられることもたくさんあると思います!

総務省統計局『家計調査』を参考にしています!

老後資金は30代から準備するのがオススメ!

『30代から始めるのは遅い?』というように焦りを感じている人もいますが、タイミング的に30代は老後資金を準備するのに最も適した年代と言えます!

社会人になり約10年がたち、貯蓄に回すお金の余裕が出てくるのも30代以降でしょう。また、結婚や出産などのライフイベントの見通しも20代に比べるとハッキリとしてきますね!

さらに、老後まで30年もあるので準備期間としては全く問題ありません!

老後資金の貯め方の種類

  1. 貯蓄
  2. 保険
  3. 投資

この3つが主な老後資金の準備方法です!

これから細部について解説していきますが、『ギャンブル的なもの』、『短期間で稼ぐ方法』などは一切紹介しません。

あくまでも、老後資金を効率的にできるだけ安全に用意する方法を紹介していきます!

貯蓄で老後資金を貯める

最も王道で、始めるハードルが低いのが『貯蓄』ですね!

預けたお金が減ることがない『元本保証』で、確実にお金を貯めることができる方法です!

主なメリットは、

  • 自由度が高い(いつでも引き出し可能)
  • 誰でも簡単に始められる
  • 安心感もあり、安全

やはり貯金があるだけで心にゆとりができ、ストレスも軽減されます。

また、『急にお金が必要になった』といったケースにも柔軟に対応できるのが貯蓄のメリットです!

一方で、

  • 金利が低く、増えない
  • 自由度が高く、ついつい使ってしまう

といったデメリットがあります。

銀行の金利は0.01%となっており、100万円を貯金していても、100円しか増えません。

ということで、貯蓄で老後資金を準備するためには必要額をまるまる貯金で準備しなければなりません。

月5万円、ボーナス1回7万円の貯蓄で年間74万円の貯金額となり、30年間でなんとか2,000万円を用意できる計算になります。

貯金だけで老後資金を準備するのは、かなり難しいと言えます。

保険で老後資金を貯める

老後資金を準備できる保険には、

  • 養老保険
  • 個人年金保険
  • 解約返戻金

養老保険とは、保険の満期前に死亡すれば死亡保険金が支払われ、保険の満期まで生存していれば満期保険金を受け取れるというものです。

保険と貯蓄の両方を備えた保険と言えますね。

個人年金保険は、毎月保険料を積みたてていき、そのお金を年金形式で受けとるものです。

年金受取前に死亡した場合は、すでに払い込んだ保険料相当額を受け取れる『定額タイプ』や、払い込んだ保険料を保険会社が運用してその成績に応じて年金が変わる『変動タイプ』があります。

解約返戻金は、終身保険や養老保険を解約したときに返金される保険料のことです。

保険料の支払い期間が短いと、支払った保険料よりも返金額が下回ることがありますが、長く続ければ続けるほど返戻金が高くなり、支払総額を上回ることもあります。

*ちなみに私は『個人年金保険』を利用しています。理由は『親戚に保険のセールスレデイがいるから』です。要は、付き合いです。

保険で老後資金を準備するなら『養老保険』がオススメです!生きているうちは生命保険の機能もありますし、生命保険が必要なくなったら年金の機能が残るからですね!

投資で老後資金を準備する←1番オススメ!

貯蓄や保険で老後資金を準備するのも良いですが、

『必要額をほとんど自力で準備』しなければなりません。

2,000万円を自分の収入力だけで準備するには、それなりの年収が必要です。

特に30代は、

  • 結婚
  • 出産
  • 育児
  • 教育
  • マイカー
  • マイホーム

というようにライフイベントが盛りだくさんの年代です。

貯蓄をしながら、上記のライフプランを処理していくのは難しいことも多いと思います。

そこでオススメするのが『投資』です。

投資といっても種類がたくさんあるので、

安全性が高いものや、FPである私自身が実際に行っているものを紹介していきます!

イデコやつみたてNISAの利用

この2つの制度は、『政府が老後資金の自助努力を推進』するために作られた制度と言えます。

人口の減少などを考えると、これから先の年金受給額の減額は間違いないでしょう。つまり、年金だけに頼るのではなく、自分で何とかしなければいけない時代になっていくんです。

イデコもつみたてNISAも『税金の面』で優遇されていて節税が大きなメリットになります。

イデコは、職業によって限度額が制限されているので老後資金2,000万円をいでこだけで準備するのは難しいと言えます。

ロボットアドバイザーの利用

ウェルスナビやテオ、楽ラップなど『ロボットが自動で資産運用』をしてくれるサービスがあります。

初心者でも簡単に投資をすることができ、老後資金を効率的に準備することができます!

私は『ウェルスナビ』を使っていますし、ロボアドの中では1つ抜きん出ているなと思います。

実際の運用状況も公開しているので参考にしてみてください。

老後資金の準備なら『ウェルスナビ』が1番オススメです!

不動産投資はハードルが高い?

コチラも私がやっている資産運用の1つですね。

一般的なイメージとして、不動産投資はハードルがかなり高いように思えますが、案外そんなこともありません。

ただし、『不動産投資に関する勉強』はガッツリとやる必要があります。

現在、一軒家を1つと、ワンルームマンションを3つで賃貸経営をしていますが順調ですね。

あと、勘違いされやすいですが、不動産投資の大きな魅力は家賃収入ではなく、『節税』にあります。

確定申告が必要になりますが、所得税と住民税を『0円』にできているんです!

他にも物件のローンは住んでいる人が支払っているので、投資家の負担なく資産を残すことができます。

*不動産投資については注意点がたくさんあるので慎重に始めましょう!

FPに相談してみる?

実際にFPに相談して、具体的なアドバイスをもらうのも方法の1つですね!

とは言っても、いきなりFPに相談するのはハードルが高いですし、料金も気になりますよね。

私でよければ、Twitterに連絡をくれれば対応しますので気軽に絡んできてください。

(忙しくて絶対に返答できるかはわかりません)

老後資金の準備方法を比較

ここでは貯蓄とウェルスナビを比較してみます。

条件は、

  • 準備期間30年
  • 利率:貯金0.01%、ウェルスナビ5%

これだけですね!

貯金で老後資金を準備するためには?

金利や複利による資産の増加が期待できないので、

2,000万円÷30年=66万円

1年間で平均して66万円を貯金していけば目標の2,000万円を達成できますね!

毎月の貯金額 ボーナス時の貯金額

(年2回)

2万円 42万円(1回21万円)
3万円 30万円(1回15万円)
4万円 18万円(1回9万円)
5万円 6万円(1回3万円)

ボーナス頼りになってしまいますね。

また、ボーナスを使わないとしたら月に6~7万円の貯金額になりますが…その金額は厳しい!という人も多いと思います。

ウェルスナビで老後資金を準備するためには?

次はウェルスナビで計算していきます。

*ウェルスナビの場合は初期投資に10万円が必要になります。

毎月の積立額 30年後の資金額 貯金の場合
1万円 718万円 360万円
2万円 1403万円 720万円
3万円 2089万円 1080万円
4万円 2775万円 1440万円
5万円 3461万円 1800万円

今回の積立と複利の計算に使ったのは、コチラのサイトです。

条件を変えていろいろ計算できるので、数字をいじりながら計算してみるのも面白いですよ!

貯金とウェルスナビを比較すると、2倍の老後資金を貯められることがわかります。

年利たったの5%かぁ…と思う人でも、この計算結果を見ればどれだけ5%がすごいのかがわかると思います。

*私の場合は月1万円、ボーナス時6万円(1回)で運用しています。期待値的には30年後に1400万円くらいでしょうか。これに個人年金保険と不動産投資があるので、老後の不安はかなり少なくなっています。

老後資金を準備するときの注意点

始めやすく、効率的に老後資金を準備できるのは『ウェルスナビ』ですが、いくつか注意点があります。

まずは貯金から始める!

貯金よりも資産運用のほうがはるかに効率的に老後資金を準備できますが、貯金もないのにいきなり資産運用をするのはオススメできません。

『もしもの時』や、『急な出費』に対応するためには生活費の4~6カ月分の貯金を準備するところから始めましょう!

やはり貯金は必要ですし、ある意味最強です!

天引き貯金がオススメ!

会社員なら財形貯蓄を利用するのもオススメです。

給料から貯金額があらかじめ天引きされるもので強制的に貯金をすることができます。

また、貯金した金額は『最初からなかったもの』として考えることができるので半ば強制的に貯金を継続することができます。

収入を増やすよりも支出を減らす!

月に1万円の収入を増やすことは難しいですが、月に1万円の出費を減らすことは意外と簡単です。

家計簿アプリを利用するのもいいですし、格安スマホに変えたり省エネを心がけたりですね!

できることから始めるのが大切です!

長く続けることが何よりも重要!

老後資金は『長く・コツコツ』が大切です!

2000万円をすぐに用意するのは難しいですが、時間をかけてコツコツと続けていけば、想像以上に老後資金を準備するのは簡単なんです!

30代は老後まで時間があるので、これから無理のない範囲でコツコツと準備をしていきましょう!

まとめ

老後に必要なお金は2千万円といわれていますが、

  • 独身か夫婦か?
  • 何歳まで働くのか?
  • 退職金はどれくらいか?
  • どれくらいの生活レベルで暮らすのか?

なども考えて、老後資金を計算することが大切です。

老後のことを考えると不安になりますが、しっかりと準備をすれば老後も楽しみになってくるものです。

私の場合は、50歳になるまでに息子3人が全員成人するので、その後が楽しみですね!

孫とか孫とか孫とか笑

老後を充実した良いモノにするためにも、老後資金の準備はしっかりと考え、準備しいていきましょう!

資産運用カテゴリの最新記事