FP2級の合格率はどれくらい?合格を目指す人は必読の内容です!

FP2級の合格率はどれくらい?合格を目指す人は必読の内容です!

【2020年4月17日更新】

  • 自分でもFP2級に受かるのかなぁ?
  • FP2級の合格率ってどれくらい?
  • 難しいの?

って疑問を感じている人も多いと思います。

国家資格の中でも合格率は高いと言われているFP2級ですが、合格率は決して高いわけではありません!

3級試験と比較しても差が大きく、なめていると普通に落ちる資格なんです!

こう言うと、

『え~、難しいなら違う資格にしようかなぁ』

と思ってしまうかもしれませんが、簡単に諦めてはいけません!

合格率を高める方法もあるんです!

FP2級に絶対に合格したい人は、是非読み進めてください!

この記事の筆者について
2級をいきなり受験できることを知らずに、3級を独学で取得!その後、2級取得を目指すも、独学の限界を感じ通信講座を利用して2級FPを取得!その時に調べた【通信講座の選び方】や【勉強方法】を、経験談をもとに紹介していきます!

FP2級の合格率はどれくらい?

合格したいなら勉強を頑張るしか方法はない!

って思うかもしれませんが、やみくもに勉強を頑張るだけでは非効率です!

これまでの試験の合格率の推移や3級試験との比較、他の資格との比較をきちんとわかったうえで勉強に取り組むことで合格率を高めることに繋がるんです!

特に、

FP試験の選び方は合格率に大きく影響するので絶対に理解しておきましょう!

自分でもFP2級に合格できるの?

FP2級の難易度や合格率を調べていくと、

『自分はFP2級に合格できそう?』

というような疑問が出てくると思います!

私もFP2級を目指すときに同じような気持ちになりました。

でも、大丈夫です!!

試験ですので、絶対に合格できる!とは言えませんが、きちんと対策をして試験を植えれば合格率はかなり高くなります!

これからFP2級を目指す人はこの記事で紹介する内容を理解してから勉強を開始するようにしましょう!

きんざいより、日本FP協会のほうが合格しやすいってホント?

FP試験は、

  • 日本FP協会
  • 金融財政事情研究会(きんざい)

のどちらかで受けることができ、どちらで受験しても『FP資格』ということには変わりありません!

ですが、単純に合格率だけを比較してみると日本FP協会の方が圧倒的に合格率が高いので、こだわりがなければ日本FP協会で受験するのがオススメです!

各団体の合格率の違いを比較!

【日本FP協会】【きんざい】の公式ホームページでは、これまでの試験の合格率が公開されています。

2020年1月試験(2級) 日本FP協会 きんざい
学科 41.86% 28.81%
実技 62.61% 38.45%
同時合格者 41.90%

記事執筆時点での最新の試験の合格率ですが、

圧倒的に日本FP協会のほうが合格率が高いことがわかります!

合格率でとくに目立つのが『学科の合格率』ですね!

日本FP協会では40%を超えているのに、きんざいでは20%しか合格していません。

なぜ合格率が違うのか?

同じFP試験なのに、合格率がここまで違うのは『受験者の属性』が違うからなんです。

きんざいを受験する人は、今の会社でFP資格が必要な人で、『会社からFP試験を受けるように指導』されている人が多いんです!

自発的に試験を受ける人ばかりではないので、モチベーションも低くなりやすいですし、忙しくて勉強をする時間が少ない人が多いんですね。

そのほかにも『教材の充実度』が全然ちがうんです!

書店やAmazonなどで確認してみるとわかりますが、参考書の多くは『日本FP協会の試験』を対象とした作りになっています。

通信講座を確認してみても、きんざいよりも日本FP協会に的を絞っているものの方が多いです。

きんざいは実技試験によって合格率が違う!

2つの団体の試験内容を比べてみると

  • 学科は同じ
  • 実技は大きく異なる

学科は同じ試験問題が使われているんです!

違うのは実技試験の内容だけなんです!

試験内容(実技)
日本FP協会 資産設計提案業務
きんざい
  • 個人資産相談業務
  • 中小事業主資産相談業務
  • 生保顧客資産相談業務
  • 損保顧客資産相談業務

きんざいの実技試験は『専門色』が強く、実際に試験に対応している仕事に就いている人でないとなかなか受験しようとはならないですよね。

また、専門的な分野に特化しているので、これから就職や転職のためにFP2級を取得しようと考えている人にとっては、仕事の幅を狭くすることにもなります。

合格率にしてみても、現にFP関係の仕事をしている人でも合格率が高くないことを考えると、FP初心者の合格率はさらに低くなると予想できますね。

合格率を上げるためには日本FP協会で受験しよう!

  • 学科の合格率
  • 教材の充実度、勉強のしやすさ
  • 将来の選択肢の幅

この3つのことを考えると、FP2級は『日本FP協会』で受験するようにしましょう!

また、2級取得後にAFP/CFPを目指す人も日本FP協会がオススメです!

AFPもCFPも日本FP協会で取得する資格ですからね!

これまでの合格率の推移はどうなっている?

過去の試験の結果をまとめると、

2020年4月 41.90%
2019年9月 43.41%
2019年5月 40.68%
2019年1月 40.39%
2018年9月 36.68%
2018年5月 39.55%
2018年1月 42.16%
2017年9月 44.01%
2017年5月 36.07%
2017年1月 39.36%

過去3年分を比較してみても、合格率は40%前後で推移していることがわかりますね!

もっと過去には16%台の合格率なんてこともありましたが、最近ではそこまで大きな変動はないので、合格率は40%くらいって認識で大丈夫ですね!

FP3級とFP2級の合格率の違いと難易度!

2020年1月試験(3級) 日本FP協会 きんざい
学科 85.34% 65.43%
実技 79.45% 49.17%
同時合格者 76.71%

3級と2級を比べると、合格率にかなりの差があることがわかりますね!

難易度について考えてみると、2級を受験する人は基本的に3級取得者です。

3級に合格したときにFPに関する基本的な知識は身に付けているでしょう。

また、3級に合格してから2級を目指しているわけですから、そのモチベーションは3級受験者よりも絶対に高いはずです。

それでも合格率がこれほど低くなるのは、それだけFP2級が難しいってことになります。

これから勉強する人は、3級と2級は全くの別物ということを理解してから勉強に取り組んでいきましょう!

FP2級と、他の資格の合格率を比較

FP2級の合格率は、他の資格と比較するとどのくらいなのかを確認してみましょう!

資格名 合格率
公認会計士 10%
税理士 10%
不動産鑑定士 10%
社労士 7%
行政書士 7%
宅建 15%
簿記2級 30%

簿記2級よりも少し簡単くらいのレベルがFP2級です。

とは言っても、それぞれの資格は受験する人の属性が違いますし、勉強時間も様々です。

FP2級に受験する人と、税理士試験を受験する人が同じような属性の人とは考えにくいですよね。

上記の資格の中で、簿記2級は私も取得しましたが、そのときの感覚からすると、やはりFP2級のほうが簡単でしたね。

FP試験は、専門的な分野もありますが、私たちが普段生活しているうえで知っておくべき内容の問題も多々出題されます。例えば、年金・所得税・固定資産税とかですね!

FPに関しては予備知識があるので、その分合格率も高くなりやすいんです!

他の資格とFP2級の合格率を比較したくなる気持ちもわかりますが、『資格を受ける人の属性』が全然ちがうので、参考程度にしておきましょう!

正答率や日程は?試験に関することを知ろう!

合格点は60%です!

半分よりも、ちょっとだけ良い点数を取れば合格できるんです!

日程はどうやって確認するの?

公式ホームページで確認するのが1番確実ですね!

日本FP協会公式HPはコチラ

↑のページで日程や試験の申込なども確認できます!

FP2級は毎年3回実施されていて、

1月・5月・9月が開催月です!

どの試験日に焦点をあてるかで勉強方法も変わってくるので必ず確認しておきましょう!

FP2級に合格するために必要な勉強時間の目安は?という記事で、勉強時間の目安を解説しているので、コチラを確認して試験日までの勉強方法を計画していきましょう!

独学での合格を目指している人は、【独学】お金をかけずにFP2級に合格する勉強方法とは!?がオススメですね!

合格点は60%でOK!

学科試験は、マークシート形式:60問です!合格点は36点ですね!

点数配分は公開されていませんが、1問1点でしょうから、36問正解を目指しましょう!

制限時間は120分になるので、1問につき約2分のペースってことになりますね。

この2分間って思っている以上に短いものなので、過去問や問題集でしっかりと慣れておきましょう!

実技試験は、記述式:40問です!合格点は60点です!

実技試験は100点満点になりますが、コチラも点数配分が公開されていないので『何問正解で合格』というのはわかりません。

また、『記述式』というのが気になると思いますが、基本は計算問題ですし、選択式の問題もあります。

記述式だからって気を張る必要はないってことですね!

受験料はいくら?

日本FP協会公式HPはコチラで確認するのが確実ですが、

受験料に関する細かいことまで調べるのは大変です。

↑コチラで踏み込んだところまで解説しているので、気になる人や疑問がある人は読んでみてください!

FP2級の受験資格ってあるの?

受験資格は、

  • FP3級取得者
  • 実務経験者
  • 認定研修修了者

この3つのどれかを満たす必要があります。

学歴不問!最短で誰でも『FP2級の受験資格』を手に入れる方法!で、詳しく解説しているので、受験資格についてあまり詳しくない人はコチラを読んでみましょう!

基本的には、3級を取得してから2級を受験するのが王道コースとなります!

FP2級とFP3級を同時に受けることはできるのか?受験日程を確認してみた!という記事でも解説していますが、同時に受験することは不可能なので、3級から取得する人は2級取得までに時間がかかります!

合格率を高める方法を紹介!

受験するからには1回で合格したいですよね!

ということで、合格率を上げる方法やポイントを紹介していきます!

試験日や受験団体を決める

とにかく合格したいいのであれば、日本FP協会で資格試験を受けましょう!

前述したとおり、合格率の高さや勉強のしやすさで有利になります!

受験団体を決めたら、『受験する日』を決めます!

理想は3か月の勉強期間があることです。

1か月で合格する方法もありますが、確実に余裕を持って合格を目指すなら3か月を目安にしましょう!

勉強方法を間違えなければ合格できる!

ひたすらテキストを読む!

というような勉強方法をする人もいますが、残念ながら合格率は低くなってしまうでしょう。

FP試験は暗記がメインなので、テキストを読むことは基本的には正解なんですが、それだけでは時間がかかりすぎてしまいます。

FPの試験範囲はかなり広く、どこが重要なのか、重要でないのかが難しくなっています。

やみくもにテキストを読むのではなく、問題集や過去問を解きつつ暗記していくことが大切です。

どこが重要で、あまり重要でないところかわからない場合は、

FP2級が教える!ファイナンシャルプランナー通信講座おすすめランキング!

↑コチラの記事を参考にして、通信講座を利用するのもオススメです。

満点ではなく、60%で合格できる!

勉強に夢中になってくると忘れてしまいますが、FP試験は60%の正解率で合格できる資格なんです!

試験範囲は広いFP試験で、満点を目指して勉強してしまうと、受験日までに勉強を終えることができなくなる可能性があります。

要点を絞って効率的に勉強することが大切です!

実技試験はコツを掴めば合格率は高くなる!

記述式の実技試験のほうが難しそうといいうイメージを持っている人もいますが、実は実技試験のほうが合格しやすいんです!

↑コチラの記事でも紹介していますが、実技試験は対策がしやすく、きちんと勉強すれば合格は難しくありません!

まとめ

国家資格の中でも合格率が高いと言われていますが、受験者の半数以上は不合格になってしまうのがFP2級です。

ですが、きちんと対策すれば1発合格も十分に可能ですし、合格率以上に『合格しやすい』資格だと私は思います!

試験日までにしっかりと準備をして、合格率を少しでも高められるように頑張っていきましょう!

2級FP取得カテゴリの最新記事