大学までの子どもの教育費は1000万円?シミュレーションで確認しよう!

大学までの子どもの教育費は1000万円?シミュレーションで確認しよう!

一般に子ども1人を育てるのに必要な教育資金は、1000万円以上と言われています。

子どもが産まれてすぐのころや、幼稚園や小学生のうちは『そんなにかかるの!?』と驚きますし、信じられないですよね?

私にも小学生2人と幼稚園1人のこどもがいますが、単純計算で3000万円ってことになります。

一般的に1000万円と言われていても、やっぱり信じられない。というよりも信じたくありません。みなさんも同じような気持だと思います。

そこで、本当に1000万円以上かかるのかを確かめてみましょう!

大学までの子どもの教育費は1000万円?シミュレーションで確認しよう!

幼稚園や保育園の費用

これは、文部科学省のデータです。

公立幼稚園では1年間で平均24万程となっており、3年間で約72万円となります。

一方、私立幼稚園の場合は平均で48万円で3年間で約150万円と効率の2倍以上の金額になってしまいます。

私の家庭も、公立幼稚園に入れず、私立に入っているので、この金額は納得の数字です。実際に金額を見ると、かなり大きな負担だなぁと実感します。

幼稚園不足の影響もあり、私立幼稚園に通わせている家庭も多く、これから幼稚園に行く予定の子どもたちも、私立幼稚園に行くことになるケースが多いと思います。

48万円が信じられない人に説明すると、

まず月謝(学費)がだいたい2万3千円前後です。それに加え、給食費が3千円~4千円、バス代が5千円~6千円になります。

これだけで、月に3万3千円となり、年間で40万円ほどになります。

さらに教材費や遠足などを加算されることになるので、年間で48万円は十分にあり得る金額です。実際に我が家もこれくらいの幼稚園費用がかかっています。

では、保育園はどれくらいかかるのでしょうか?

保育園の金額の決まる要素は大きく3つあります。

  1. 世帯年収
  2. 子どもの年齢
  3. 各自治体

この3つの要素で、保育料は月額3万円以下になる場合もありますし、7万円を超す場合もあります。

世帯年収が高ければ、保育料も高くなりますし、子どもの年齢が低い程、保育料は高くなります。0歳児と5歳児では、保育にかかる労力が全然違うからですね。

また、自治体による金額差も大きく、一概に保育料を表すことはできませんが、平均は2万円~3万円前後になります。

自治体によって補助金がある

自治体によっては、2人目は半額、3人目は無料というところもありますし、月謝は変わらなくても、年末に補助金を出してくれる自治体もあります。

これは、自治体によって様々なので、自分が住んでいる自治体の補助金制度を確認することが必要になってきます。

ちなみに私の住んでいる自治体では、年末に30万円ほどの補助金が支払われます。

年間では48万円を幼稚園費用として支払っていますが、補助金のおかげで、実質18万円ほどの負担になっています。

条件はありますが、補助金などの制度を活用すれば、私立幼稚園の3年間で150万円かかるところを60万円以下に抑えることもできます。

小学校の費用

小学校と言えば義務教育なので、お金はほとんどかからないと言われていますが、実際のところはどうなんでしょうか?

確かに、月謝と呼ばれるものはありませんが、給食費や教材費、遠足や修学旅行など何かとお金はかかります。

また学年によって年間費用は変わってきて、

1年生は平均で32万円ほどかかり、他の学年よりも多くなっています。これは、机やランドセル、文房具など購入するものが多いためですね。

また、6年生も39万円と高くなっています。修学旅行があるからですね。

このように、学年によって、金額にばらつきがありますが、小学校6年間の平均を見てみると、28万円ほどとなり、合計で170万円ほどの費用がかかることになります。

私立小学校がくらべものにならない!

最近では、お受験をする家庭も増えてきて、私立小学校に通っているお子さんも多くなっていますね。東京などの都心では、小学生が電車通学をしている姿をよく目にします。

2年生とか3年生くらいの子供が大人の通勤時間と同じような時間帯に電車に乗って、勉強をしながら通学している姿を見ると時代は大きく変わったなぁ。と実感します。

費用についてですが、6年間でなんと900万円ほどかかるというデータがあります。

小学校卒業までの教育を私立で行うと、それだけで1000万円近くの教育費がかかることになります。

中学校の費用

中学校も義務教育なので、お金はかからないイメージはありますが、高校受験を控えているので、塾や家庭教師などに費用が大きくかかる傾向にあります。

最近では、多くの人が学習塾に通っていますし、高校受験は、今後の子供の人生を左右すると言ってもいいくらい重要なものです。

多くの親も、そのように考えているため教育費用は大きくなります。

これは、公立と私立の教育費を比較した表ですが、やはり、私立の教育費は高く2倍~3倍くらいの金額がかかることがわかります。

また、中学3年生のときが最も多くお金がかかっていることもわかります。

学習塾の影響が大きな要因ですね。

ということで、3年間でかかる費用は、

公立で150万円ほど

私立で450万円となります。

高校の費用

高校の場合もやはり、私立と公立で金額に大きな差があります。

3年間でどれくらいの費用がかかるかというと、

公立の場合、平均で120万円前後

私立で300万円前後となり、約3倍です。

また、公立と私立の大きな違いは、

  • 受験費
  • 入学金

受験費は公立の場合2200円ほどですが、私立だと1万円かかります。

入学金も公立は5650円となっていますが、私立は20万円以上かかることもあります。

また、進学校かどうかでも教育費用は大きくかわってきます。

進学校の場合は、高校の先の大学を目標としているので、学校以外での学習費(塾や家庭教師)が大きくかかります。

なんだかんだ言っても、就職活動時や生涯年収などを考えると最終学歴の影響力は大きいものです。

大学まで、行かせてあげたいと考える親は多く、それが、教育費の増加の要因になっています。

大学の費用

大学の場合は、費用が条件によって大きく異なります。

費用を決める主な要因は、

  • 国公立か私大か
  • 自宅から通学か、下宿等からの通学か
  • 進む学科

まず1番費用が安いのは、国公立で自宅からの通学で、4年間で約500万円ほどとなっています。

下宿等の自宅から離れて通学する場合は+500万円ほどになり、合計で1000万円近い費用がかかることがわかります。

また、医大などの大学に進むと、3000万円近い費用がかかります。卒業後のリターンを考えるとトータルではプラスになる可能性が高いですが、やはり高額ですね。

3歳から大学卒業までの教育費の合計は?

記事の冒頭で、一般的に1000万円かかると言われている教育費ですが、ここまでの話をまとめてみると、

幼稚園からすべて公立で大学まで卒業する場合は、1000万円となります。

一般的に1000万円と言われている金額は、その通りと言えますが、すべてを公立などの最小限の費用で進学した場合で1000万円ということになります。

これだけの金額を用意するには、長期的な計画が必要になってきますね。つまり、ファイナンシャルプランニングをしっかりと考えなくてはなりません。

まとめ

こどもの教育費は、長期間にわたりかかってくる費用で、なかなか実感しにくいものです。

特に、子どもがいない家庭や、まだ小さい子どもの家庭では、ますます実感がwかなくなってきます。

私も、子どもが幼稚園に入園する前に、月謝等を調べましたが、その金額の大きさに信じられないというか、実感があまりわかなかったです。

ですが、実際に教育費は全て公立で進学したとしても1000万円もかかります。

子どもが小さいうちから教育資金を計画的に準備していくことが大切になってくるので、もう一度、家計を見直し、近い未来に備えていきましょう。

子育てブログカテゴリの最新記事