ドルコスト平均法をわかりやすく説明!まとまった資金がなくても投資はできる!

ドルコスト平均法をわかりやすく説明!まとまった資金がなくても投資はできる!

投資信託を始めたいけどまとまった資金がなくて始められない。

このような悩みを持つ人はいると思います。そんな悩める人たちにオススメするのが積立投資です。

毎月コツコツと積み立てて資産運用は、積み立てる金額が少なくても長く続けると着実に資産を増やすことができます。

そんな積立投資に『ドルコスト平均法』という積立投資方法があるのをご存じでしょうか?

積立投資をするなら絶対に知っておきたい方法で、大きなメリットもあります。

この記事で是非、ドルコスト平均法を理解していって下さい。

ドルコスト平均法をわかりやすく説明!まとまった資金がなくても投資はできる!

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法は、一言でいうと、

値段が安いときにたくさん買って、高いときには買うのを控える。

というものです。

『安く買って高く売る』は商売の基本ですよね。この考えは、積立投資をするときも有効な考え方になってきます。

株式などの金融商品は、常に価格が安くなったり高くなったりと変動していて、その値動きはプロでも正確に予測することはできないものです。

値動きの予測はできませんが、できるなら安いときに買いたいですし、高いときには買うのを控えたいですよね。

そんな都合のいい積立投資方法がドルコスト平均法です。

毎月の積立額をあらかじめ決めておき、相場がどれだけ動いても、あらかじめ決めていた積立金額で投資していきます。

わかりやすく具体的に言うと、

毎月の積立額が1万円だとして、株価が1万円のときは1口を購入し、株価が5千円になったときは2口を購入します。また、株価が2万円になったときは0.5口を購入します。

このように毎月の購入額を一定にして投資をすることで、結果的には一括で投資をするよりも平均取得価格を安くおさえることができるようになります。

ただし、株式投資でドルコスト平均法を実施する場合は、積立金額も高額になってしまいます。

株は、最低購入単位が100株となっていることが多く、1つの銘柄の株を購入するには数十万円以上の資金が必要になってしまいます。

そこで投資信託で積立投資をするのをオススメします。

投資信託でドルコスト平均法

投資信託は、株式と違い少額から投資することができ、ネット証券を利用すれば100円から始めることだってできます。

投資信託とドルコスト平均法は非常に相性のいいものだと言えますね。

では、積立投資した場合どれくらいの金額になるのかを金額ごとに計算してみます。

運用期間は5年とし、利回りは5%とし、分配金なしで計算していきます。

毎月5千円を積み立てる場合

まず、毎月5千円をタンス貯金する場合は、30万円を5年間で貯めることができます。

投資信託で積み立てる場合は、34万円になり、その差は4万円になります。

毎月1万円を積み立てる場合

毎月1万円を5年間貯めると60万円になります。

投資信託で積み立てる場合は、68万円になり、その差は8万円にもなります。

毎月2万5千円を積み立てる場合

毎月2万5千円を5年間貯めると、150万円になります。

投資信託で積み立てる場合は、170万円になりその差は20万円になります。

5万円を積み立てる場合

毎月5万円を5年間貯めると300万円になります。

投資信託で積み立てる場合は、340万円となりその差は40万円になります。

ドルコスト平均法だと差はもっとひらく

毎月は少額でも、コツコツ積み立てていくと大きな金額になるんですね。

上記の例を、ドルコスト平均法で積立ていくと、預金との差はまだまだひらいていきます。

ドルコスト平均法のメリット

ここまでの説明で、ドルコスト平均法は平均取得単価を抑えて購入することができ、結果として一括で投資をするよりもお得で、投資信託との相性がいい方法だということがわかったかと思います。

値段が安いときはたくさん買うことができますし、反対に値段が高いときは購入する量を少なくすることができます。

たしかに、そのサイトでも、ドルコスト平均法は平均取得単価が安くなるというような内容で紹介されていますが、他にもメリットがあります。

投資をしたことがある人は経験があると思いますが、株価が下がっている局面で株を購入する勇気はかなりのものです。

株価はまだまだ下がっていくかもしれませんし、もう2度と値上がりしないかもしれません。

逆に株価が上がったときにも勇気が必要です。

今の株価は限界で、もう値上がりすることはないのではないか?などの疑問が出てきてなかなか購入できなくなります。

ですが、ドルコスト平均法で積み立てる場合は、自分の意思には関係なくあらかじめ設定しておいた積立額分をキッチリ購入していくことになります。

相場から逃げ出さなくなる状況を作ることが出来るんです。

ただし、これはデメリットにもなり得ます。

投資において損切は重要なことです。損切ができず相場にとどまった結果、大きな損失を出してしまう場合もあります。

このようなデメリットも投資信託であればリスクを抑えることができます。

プロの投資家ではない限り、資産の売買には私情が大きく介入してきます。

私も、頭ではわかっていたのに、感情の影響で決断することができず損を出したこともあります。

相場の上下もメリットになる

積み立てている投資信託が値下がりした場合、投資信託の価値は下がりますが、同時に投資信託を安く多く買い足すこともできます。

逆に積み立てている投資信託の価値が上がると、買い足せる投資信託は少なくなってしまいますが、投資信託自体の価値も上がっています。

また、投資をしていると株価などの相場の値動きに一喜一憂してパソコンから目が離せなくなりますが、ドルコスト平均法であれば相場がどちらの方向に動いたとしてもメリットと捉えることができるため安心して投資をすることができます。

まとめ

投資を始めるには、まとまったお金が必要だと思われていますが、ネット環境が整った現在では少額から始めることができるようになりました。

ノーロードと言われる手数料無料の証券会社もあり資産運用を始めやすい環境になってきたと言えます。

お金は貯める時代から運用する時代になってきています。少ない資金でも始められる積立て投資で少しずつ投資に慣れていくことから始めましょう!

ドルコスト平均法は、そんな積立投資にはピッタリの方法です。

資産運用カテゴリの最新記事