【体験談】チャレンジタッチの英語を徹底レビュー!効果や追加料金など気になるポイントも紹介!

【体験談】チャレンジタッチの英語を徹底レビュー!効果や追加料金など気になるポイントも紹介!

2020年から小学校の英語教育も変わり、3・4年生からは週に1回程度、5・6年生からは週2回程度で成績にも数値として結果が出るようになりました!

これから先の受験勉強でも英語は必須ですし、大人になってからは『英語ができる!』ってだけで、かなりのアドバンテージにもなりますね!

これから英語の重要度がどんどん高くなっていきますが、

  • 親が英語できなくても大丈夫?
  • 子どもには英語で苦労して欲しくない!
  • 英語学習は小学生からやるべき?
  • 英会話教室や塾と比べてどう?

というように疑問や不安もたくさんあると思います。

英語学習について色々調べているうちに、チャレンジタッチの英語のことを知ったのではないでしょうか?

そして、

  • チャレンジタッチって効果あるの?
  • 追加料金が発生するの?
  • 発音とかは大丈夫?
  • ウチの子は英語の勉強をしたことがないけど大丈夫?レベルってどれくらい?
  • 外国人の先生とお話はできるの?

気になることはたくさん出てきますが、公式ホームページで調べてもわかりにくい部分もありますし、【実際に使用している生の声】も気になってきますよね!

ということで、

チャレンジタッチの英語について徹底的にレビューしていきます!

この記事の筆者について
3人の男の子のシングルファザー!兄弟でチャレンジタッチを受講中♪ チャレンジは料金体系や教材、仕組みが複雑でわかりにくい部分ってありますよね…。 ということで、チャレンジ受講中という経験談や体験談をもとに、気になるポイントやわかりにくい箇所を徹底的に解説していきます!

チャレンジタッチの英語って実際どうなの?体験談を基に紹介!

私たち親世代は、中学校から英語が始まりましたね。

『This is a pen』なんてやってた記憶があります。

ただ…今考えるとこれってめちゃくちゃ遅いし、グローバル時代の今では考えられないくらいのレベルですよね。

国もさすがに危機感を覚えたのでしょう。小学校から正式に英語学習が始まることになりました!

それでも、ただでさえ遅れている日本の英語教育に不安を感じている親も多いと思います。(私も危機感を感じ、子どもに英語力をつけて欲しいと考え、チャレンジタッチで英語学習を始めました!)

この記事を読んでいるあなたも、子どもの英語力に不安等を感じチャレンジタッチの英語学習が気になっているのではないでしょうか?

ということで、まずは実際にチャレンジタッチで英語を勉強していて感じたことをリアルに紹介していきます!

【追加料金なし】チャレンジタッチの英語は充実している!

チャレンジタッチの英語は大きく分けると3つの種類があります!

  1. メインレッスン(追加料金不要)
  2. チャレンジ・イングリッシュ(追加料金不要)
  3. オンラインスピーキング(追加料金必要)

ちなみに私が利用しているのは『メインレッスン』と『チャレンジイングリッシュ』の2つです!

オンラインスピークを受講していない理由は後述しますね。

チャレンジタッチの英語学習で特に良いのが『チャレンジイングリッシュ』です!

実は2019年4月から追加料金が不要になったサービスです。それまでは追加料金が必要だったんです。

基本のメインレッスンでも英語は勉強できるんですが、ハッキリいってこれだけでは『完全に不足』している状況でした。

しかし、チャレンジイングリッシュを追加料金なしで利用できるようになってからは状況が変わりました!

ネット上では、『チャレンジは量が少なくてすぐに終わってしまう』といった情報もありますが、そんなことはないと思います。

↑コチラは、チャレンジイングリッシュを開いたときのメイン画面ですが、これだけのコンテンツがあります。

内容をここで全部公開してしまうと問題がありそうなので一部しか紹介できませんが、

↑こんな感じでレッスン数もかなり充実しています。

画像左上に『Level 1  Step 2』とありますが、レベル12まで受講ができて、その中のレベル1のステップ2が今の進行状況です。

*レベル9以降を利用したい場合はチャレンジイングリッシュ専用窓口に電話する必要があります。

ワンポイントアドバイス
レベル12は、英検準1級レベルです!中学3年レベルはレベル8が目安となり英検だと3~4級となります。

子どもが、自分から英語を勉強している!

どれだけ教材が充実していたとしても、子どもがやる気になって勉強してくれないと意味がないですよね。

我が家では長男と次男が『チャレンジイングリッシュ』で英語を勉強していますが、

親が何も言わなくても自分から英語を勉強しています!

↑コチラは実際に勉強している時のチャレンジタッチの画面で、英語で質問をされて答えるというものです。

レベル1の内容は小学校1・2年生向けの内容で、英語で簡単なあいさつができるといった、『英語に楽しく触れること』に重点を置いています。

↑は英語で聞かれたことに対して答えを選ぶものです。

問題はもちろん全部英語ですし、選択肢も英語の音声が流れてそこから選ぶというものです。

↑は実際に英語で発音するところです。

ここで発音した英語は録音されていて、レッスンの最後で実際に流れることになります。

子どもにしてみれば、先生と会話しているように感じる作りになっていて、楽しんで英語を勉強しています。

外国人の英語を聞き、それをマネして自分でも発音してみる!って流れになっているので自然に英語に慣れていくこともできます!

今までは英語を恥ずかしがっていた息子も、楽しそうに英語をしゃべっていますね!

(発音が面白くて笑っちゃいそうになることもありますが、必死に我慢してとにかく褒めています!)

ワンポイントアドバイス
1レッスン約5分になっているのでサクサク進めることができます。小学生の集中力はホントに短いですよね。でも5分なんで集中しながら勉強できています!

どの学年でも英語が勉強できる!

チャレンジタッチの英語は1年生から6年生まで全学年で勉強することができます。

メインレッスンは学年によってボリュームが違い、小1・2は英語にちょっとだけ触れてみようくらいの量で物足りなさがあるのも事実です。

>>>学年毎のメインレッスンの量を調べる場合は、【進研ゼミ小学講座】で無料資料請求をしましょう<<<

先述しましたが、メインレッスンだけでは英語学習は十分とは言えません。

でもチャレンジイングリッシュがありますね!

小1~6年生まで全ての学年でチャレンジイングリッシュは利用できますし、ボリュームについては先述した通り充実しています!

ワンポイントアドバイス
チャレンジイングリッシュは追加料金なしで利用できます!また、追加登録の必要もありません。通常の申込のみで利用可能です!

子どものレベルに合わせて勉強できる!

  • 今まで英語の勉強なんてしたことがない
  • アルファベットもまだ覚えていない

実際、うちの次男は学校でちょこっとだけ英語の時間があったくらいで、ほとんど英語に触れたことがない状態でした。

アルファベットも全部覚えていない状態でもチャレンジタッチで勉強できるのかなぁと不安を感じていましたね。

でも、チャレンジイングリッシュは最初に『今の英語力』をチェックできるようになっているんです。

*レベル9からは電話で申し込みをしないといけないので、最初はレベル8までしか表示されていません。

レベルのチェックは、リスニングや単語力で測定されることになり、

英語で質問されて、解答を選択するものです。

隣で英語を聞いていましたが、結構難しかったですね笑

レベルチェックが終わると、子どもの今の英語レベルが出てきます。

うちの息子の場合はレベル2という結果でしたが、どうせならレベル1からしっかりと基礎を固めて欲しいという思いと、レベル1を飛ばすのはなんだか勿体ないなぁ…という貧乏性から『レベル1』からスタートすることになりました。

ワンポイントアドバイス
レベルチェックをしないで、開始するレベルを選ぶこともできます。 また、レベルチェック後に任意のレベルを選択することもできます。[/su_service

低学年の子供がいるなら早く始めよう!

『第2言語の臨界期』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

Wikipediaでも解説されていますが、

母国語以外の言語を効率的に覚えることができる年齢には臨界期があるという学説です。

大人になってから英語の勉強を始めた人は経験があると思いますが、『想像以上に上達しない』と感じたことがあると思います。

年を取ったから覚えが悪くなったと思うかもしれませんが、言語については『第2言語の臨界期』が大きく影響しているんです!

臨界期は何歳か?という問題については学説が多々あり、ハッキリとした年齢はわかっていませんが最も多い情報が9~10歳というものです。

小学3~4年生くらいですね。

英語学習は早めに始めたほうがいいと言われているように、小学校低学年くらいまでに英語を始めることで効率的で楽に英語を身に付けることが可能になるんです!

注意したいのが、

この学年を超えてからは英語を覚えることができないというわけではなく、身に付けるのが難しくなるってことです。

自分の子どもが低学年の人はすぐにでも英語学習に取り組むことをオススメします!

>>>まずは、【進研ゼミ小学講座】で資料を請求してみましょう!<<<

チャレンジタッチってホントに効果あるの?

私自身、チャレンジタッチ(特にチャレンジイングリッシュ)は受講して良かったと思っていますし、子ども自身も毎日楽しそうに勉強しているので満足しています。

とはいっても、ホントに効果があるのかは気になると思います。

英語に必要な能力を伸ばせる!

英語に必要な能力は、

【聞く・話す・読む・書く】の4つです。

『読む・書く』については英語が苦手という人でも、そこまで苦手意識は強くないと思います。

本当に苦手と感じるのは『聞く・話す』ではないでしょうか?

私は数年前に海外出張で約半年ほどアメリカで仕事をしましたが、ホントに苦労しましたね…。

特に話せないんです!

英語の勉強といったら、【読む・書く・聞く】が基本で机にむかってひたすら書いたり読んだりしていたと思います。

英語を話すことに慣れていないですし、学校の勉強方法では『話す能力』を伸ばすのは難しいと言えます。

また、中学生になってから真剣に英語の勉強をしたとしても『英語を話す』ことに恥ずかしさや抵抗感も出てきてしまいます。

その点、小学生は英語を恥ずかしがらずに話すことができますね!

恥ずかしがり屋な子でも、親に褒められれば素直に喜び、英語を話してくれます。

チャレンジタッチでは、外国人講師の英語に合わせて、実際に英語を声に出して話すレッスンもあります。

うちの息子たちも英語を声に出しながら楽しく勉強しています。

見て、聞いて、真似するだけ! 〔サマンサ式〕9歳までに育む「一流の英語力」

新品価格
¥1,540から
(2020/3/18 23:37時点)

↑コチラの『サマンサ式 9歳までに育む一流の英語力』という本でも、英語を声に出すことの重要性について強く書かれていました。

参考書やノートで英語を勉強するとうのは古い方法ですし、実際に多くの人が英語力がないことからも、『英語を話す』ことが大切だとわかると思います。

他にも、

【聞く・読む・書く】とう能力を伸ばすレッスンは充実していますし、『フォニックス』や『アルファベット』の勉強もできます。

英語に必要な4つの能力を効率的に伸ばすことができるので、効果が出ないわけないですよね!

発音もバッチリ身に付く!

チャレンジイングリッシュでは【フォニックス】を学ぶことができます。

日本の子どもたちがひらがなを「50音」で覚えるように、アメリカやイギリスなど英語圏の子どもたちは「フォニックス」で英語を学びます。英語の「スペリング(つづり)」と「発音」の間にある法則を学ぶことで、英語の正しい読み方をかんたんにマスターすることができるのです。

日本で英語を学ぶ子どもが増えているにもかかわらず、フォニックスがまだ一般的ではないことに多くのネイティブ講師が驚くほど。フォニックスを身につける利点は、英単語力がアップするだけではなく、「聞く・話す・書く・読む」の4技能すべての力がアップすることです。

参考:WinBe

英語圏では当たり前のようにやっているフォニックスですが、日本ではまだまだ馴染みがないのが実情です。

フォニックスで正しい発音を学ぶことができますし、

リスニングやスピーキングの分野でも発音を勉強することができます。

チャレンジイングリッシュの音声や動画は外国人の講師が行っているので本場の自然な発音を耳にすることもできるので、【発音】をしっかりと学ぶことができます!

長く続けることが英語力を伸ばすコツ!

言語の勉強はすぐに結果が出るものではありません。

子どもが話せるようになるまでの過程を考えると、母国語である日本語でさえ、身に付けるのに何年もかかってしまいますよね。

毎日、耳にしている日本語でさえ何年もかかってしまうので、第2言語である英語の習得にはさらに時間がかかるものなんです。

ということは、

出来るだけ早くから英語の勉強をすることで将来的にかなり有利になるってことです。

中学生になってからでは遅すぎますし、『第2言語の臨界期』を考えると、小学校4年生くらいまでには学習を開始させるべきだと言えます。

毎日の学習が短かったとしても、長い期間をかけてじっくりと英語力を伸ばしてあげることで、英語の基礎ができ『英語に対する苦手意識』も少なくなっていくものです。

外国人講師とマンツーマントークもできる!

先述しましたが、チャレンジタッチの英語学習では、

  • メインレッスン
  • チャレンジイングリッシュ
  • オンライントーク

この3つのコンテンツがあります。

この中のオンライントークが『外国人講師とのマンツーマントーク』になります。

特徴やメリット、デメリットなどの要点をまとめると、

  • 外国人講師と話すことで『慣れ』や『度胸』が身に付く
  • 会話による英語力はかなり効果的
  • 料金は1回990円(15分)
  • 時期によっては無料チケットがもらえる
  • ヘッドフォンマイク、ウェブカメラなどの周辺機器で約3400円ほどかかる

実際に外国人の講師と話しができるのは大きなメリットですし、英会話教室と比較しても割安ですが、我が家では利用していません。

というのも、子どもの今の英語レベルはまだまだ低いですし、簡単な英会話もできない状態です。

また、チャレンジイングリッシュを始めてからは毎日楽しく英語の勉強に取り組んでいますし、簡単な英語でも喋れるようになれば子どもなりの自信もでてきました。

このような『良い時期』に外国人と話し、自分の英語レベルにガッカリして、英語を諦めてしまうのでは?と考えると、オンライントークは利用しなくてもいいのかなと思いました。

とはいっても、これから英語力が付いてきて、さらなるステップアップを考えられるような時期になったときは、利用するかもしれませんね。

あとは…地味に1回15分で990円かぁ…って感じです。

チャレンジタッチはまだまだ英語コンテンツがある!

ここまで紹介した英語コンテンツだけでも『想像以上のボリューム』だと感じたと思いますが、チャレンジタッチではまだまだ英語学習のコンテンツがあるんです!

↑コチラはチャレンジタッチのホーム画面ですが、右下の方に『たから箱』というものがあります。

タップして開いてみると、

かなりの数があり、スマホでいうアプリのようなものですね。

この中で英語の勉強ができるものは、

↑コチラは『英語でサファリツアー』です。

英語を聞いて答えを選んでいくものでゲーム性もありますね!

↑コチラは『さがしてタッチ!アルファベットGAME』です。

正しいアルファベットの発音を学ぶことができますね!ちなみに『N、M、L』は私の耳では違いがよくわかりませんでしたが、子どもにはハッキリと違いがわかるようでしたね。

やっぱり耳にも若さってあるんですね…。

↑コチラは『えいたんごマスター』です。

単語力は英語を勉強するうえで非常に重要ですし、そもそも単語をしっていないと英語を理解することは不可能ですね。

↑コチラは『えいごでクッキング!キッチンは大いそがし』です。

ファストフードの店員になりきって、英語で注文された商品を選んでいくものです。

子どもにとってはゲーム感覚なので楽しくリスニング力や単語力を伸ばすことができます。

 

ここで紹介したものは3年生の息子のチャレンジタッチを例にしています。

『自分の子ども(〇年生)だとどんな英語コンテンツがあるの?』って気になる人は【進研ゼミ小学講座】で無料で資料を請求してみましょう!

また、チャレンジタッチは英語以外にも勉強できるコンテンツが充実しています。

例えば小学3年生のチャレンジタッチでは、国語・算数・理科・社会・プログラミングも勉強できます!

英会話教室などでは『英語しか勉強できない』ですが、チャレンジタッチでは全ての教科の勉強もできます!

しかも!

追加料金や追加の申込も不要です!

公文などの塾にも行かせたい!英会話教室にも外せないなぁ…どうしよう?

という人は、チャレンジタッチ1つでお得に勉強しちゃいましょう!

資料請求をして確認したほうが良い理由とは?

チャレンジの教材内容は公式サイトの【進研ゼミ小学講座】で確認できますが、それでも資料を請求したほうが良い理由があります。

資料請求をする1番のメリットは、

資料請求で届く、↑コチラの小冊子がとにかくわかりやすいからです!

講座の説明や料金の説明は、公式サイトとなんら変わりませんが、『お届け教材一覧』はめちゃくちゃ見やすいです!

教科ごとに『何月にどんな教材が届くのか?』が一覧で記載されているので、

『チャレンジタッチってどれくらいの学習量になるのかなぁ?』

という疑問もすぐに解決できます!

資料請求は無料でできいるので、気になる方はオススメです!

>>>【進研ゼミ小学講座】の無料資料請求はコチラ<<<

まとめ

チャレンジタッチを使ってみた感想を素直にレビューしてきました!

私自身、満足していますし、子どもたちも楽しく勉強ができていて勉強に対する抵抗感も少なくなってきましたね。

英語は、できるだけ早い時期から触れ、コツコツと力をつけていくのがオススメの勉強方法です!

チャレンジタッチに申し込めば追加料金なしで、『チャレンジイングリッシュ』をがっつり利用することもできます。

かなりのボリュームがありますが、小学校低学年から始めれば中学生になることには中3レベルまで英語力を伸ばすことも可能です!

ということで、

小学生の英語教育はチャレンジが超オススメです!

子育てブログカテゴリの最新記事