AFPの難易度は?勘違いしている人、多すぎません?

AFPの難易度は?勘違いしている人、多すぎません?

【AFP 難易度】という検索キーワードで、いくつかのサイトを調べて感じたんですが、

『間違った認識・勘違いしている人って多すぎません?』

ただでさえ、わかりにくい構造のFP資格が、間違った情報のせいでさらにわかりにくい資格になってしまっています。

というよりも、実際にはFP資格は、もっと単純でわかりやすい構造なんです!

ということで、

  • AFP資格の『本当の難易度』
  • AFP資格の取り方や順番
  • AFPになる方法

上記について、解説していきます!

この記事の筆者について
2級をいきなり受験できることを知らずに、3級を独学で取得!その後、2級取得を目指すも、独学の限界を感じ通信講座を利用して2級FPを取得!その時に調べた【通信講座の選び方】や【勉強方法】を、経験談をもとに紹介していきます!

AFPになる方法や難易度をわかりやすく解説!

AFPの難易度について調べてみると、

『FP2級と同じ難易度』、『AFPの合格率は30~40%』といった説明が多いですね。

まぁ、これで正解なんですが、ハッキリ言って説明不足です!

AFPになる方法

AFPの難易度を理解するためには、まずは『AFPになる方法』をしっかりと理解しておかなければなりません!

ちなみにAFPってなに?メリットあるの?という人はAFPとは?取得するメリットや方法、FP2級との違い・難易度を解説!を参考にしてください!

FP2級合格は絶対条件!

AFPになるためには、【FP2級合格+認定研修の修了】が絶対条件になっています!

認定研修とは、主に通信講座で取得できるもので、コチラもAFPになるために絶対必要になります!

また、認定研修はAFPになる以外にも『FP2級にいきなり受験できる』というメリットもあります。

通常なら、FP3級を持っていないとFP2級に受験できませんが、認定研修を修了すると3級飛ばしで2級に受験できるというメリットもあります。

認定研修って必要?順番や修了する意味をFP2級が解説!

AFPの難易度はFP2級と同じ!

上記のことからわかるように、AFPの難易度はFP2級と同等ということがわかります!

ただし、認定研修を修了する必要があり、日本FP協会で手続きもしなくてはならないので、難易度以上にAFPになるハードルは高いといえますね。

AFPになるために試験は必要?

  • FP2級を取得して、認定研修を修了すればAFPになれる!
  • AFPに試験はないので、大丈夫!

という紹介をしているサイトがありますが、AFPになるためには『試験』があります!

ただし、全員が受けなければならない試験ではありません!

AFPになるための流れ

【ルート1】

  1. FP3級に合格する
  2. FP2級に合格する
  3. 認定研修を修了する
  4. 修了日の翌々年度末までに手続きを行う
  5. AFPになれる!

上記が1番スタンダードな順番ですね!

【ルート2】

  1. 通信講座を使って勉強する
  2. 認定研修を修了する
  3. いきなり2級を受けて合格する
  4. 合格日の翌々年度末までに手続きを行う
  5. AFPになれる!

どちらのルートでも変わらないのは、『FP2級に合格』と『認定研修の修了』ですね!

違うのは、取得する順番ですね!

そして重要なのが、『翌々年度末までに手続きを行う』という点です!

期限内に手続きをしないと資格がなくなる!

AFPになるためには、日本FP協会で手続きをしますが、期限内に申請を行わないとAFPになる資格がなくなってしまうんです。

せっかくFP2級に合格して、お金をかけて認定研修を修了しても、手続きを後回しにしてたら、いざAFPになろうとしても不可能なんです。

しかし、試験を受けるなどの方法で、AFPの資格が復活します!

もう1度FP2級に合格するのは難易度が高い!

再度、FP2級を受験して合格すればAFPになる権利が復活します!

1度はFP2級に合格しているから簡単でしょ!って思うかもしれませんが、法改正で覚えた知識が古いものになったり、覚えた知識を忘れていたりします。

再度、FP2級に合格するのは思っている以上に難易度が高いものです!

認定研修をもう一度修了する

通信講座に申し込んで、もう1回認定研修を修了することでもAFP資格が復活します!

難易度的には、この方法が1番簡単です!

認定研修って必要?順番や修了する意味をFP2級が解説!コチラの記事で『最安値の認定研修』を紹介しています!

最安値だと8,800円ですね!

AFP資格審査試験と同じレベルの試験に合格する

日本FP協会のホームページで試験に関する詳しい情報が載っていますが、

受験料は1万円で、なかなかの金額です。

50問の4択選択式の出題形式で60%以上で合格となります!

ハッキリ言って、この方法が1番難易度が高いですね!

  1. 1万円の受験料
  2. 60%以上の正解
  3. 対策テキストがほとんどない
  4. 落ちたら1万円はムダ金になる

この試験を受けるくらいなら、通信講座を利用して、8,800円で認定研修を修了させるほうが安くなりますし、確実です!

まとめ

AFPの難易度はFP2級と同程度ですが、認定研修の修了や期限内の手続きなどを考慮するとハードルが高いです。

このことを考えると難易度はFP2級よりも高いと言えますね。

また、AFPは資格取得後も研修を受けたり試験を受けて『単位』を取得していく必要があります。

2年毎に更新があったり、年会費がかかったりと大変な資格とも言えます。

その分、FP2級よりも信頼性が高く仕事でも活かすチャンスが多いのも特徴です!

AFP資格を取得するときの難易度は、FP2級と同じですが、資格を維持する難易度は高いです!

自己啓発のためにAFPを取るのはあまりオススメできないので、

仕事でAFPが必要!という人以外は、FP2級まででも十分ですね!

AFPを取得するためには通信講座が必須!

AFPになるためには、

  1. FP2級の取得
  2. 認定研修の修了

この2つが絶対条件でしたね!

AFPになるには絶対に『通信講座』を利用しなければなりません!

通信講座の認定研修を修了することで、3級を受験しなくても2級の受験資格もできるので、これからAFPを目指す人は早めに通信講座を利用することをオススメします!

通信講座を利用することで、

  • 合格率が上がる!
  • 3級を飛ばして、いきなり2級を受験できる!
  • AFPを目指すなら通信講座は必須!

などのメリットもありますね!

通信講座は種類がたくさんあって選ぶのに苦労するので、↑コチラ↑の記事におすすめの通信講座をまとめました!

参考にしてみてください!

2級FP取得カテゴリの最新記事